コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学別曹 だいがくべっそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大学別曹
だいがくべっそう

平安時代以降,貴族がその氏族出身の子弟のため設置した学問所藤原氏の勧学院橘氏学館院和気氏の弘文院在原氏の奨学院,大江・菅原氏の文章院などがこれである。学生はここに寄宿して学び,学費の支給を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいがく‐べっそう〔‐ベツサウ〕【大学別曹】

平安時代、有力氏族が子弟のために大学寮近くに設けた寄宿施設。和気氏の弘文院、藤原氏の勧学院、橘氏の学館院など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だいがくべっそう【大学別曹】

大学寮の公認寄宿施設。平安時代前期,有力貴族は子弟の教育を奨励するために,次々に大学寮に学ぶ学生の寄宿施設を設けたが,やがてそれが大学別曹となった。大学寮の南に近接して設けられたものは,大学寮南曹とも呼ばれた。大学別曹には,和気氏の弘文院,藤原氏の勧学院,橘氏の学館院,源氏など王氏の奨学院がある。別当,知事などの職員が置かれ,いずれも各氏族の財源によって運営された。大学別曹といわれたが大学の管轄ではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいがくべっそう【大学別曹】

平安時代の私立の教育施設。貴族が、その一族出身の大学寮学生のために設置した寄宿施設であったが、のちに大学寮付属機関として公認された。 → 七大私学

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学別曹
だいがくべっそう

平安時代、諸氏が、その氏(うじ)出身者の教育のために設けた曹司(ぞうし)(寄宿舎)。大学生(だいがくしょう)の寄宿のための施設不足に対する対策として生まれたものであるが、大学寮の付属のものとして公認されて初めて大学別曹となる。大学の直接の管理下にはないが、寄宿するのは大学生で、入院名簿を出すとともに、大学に入学の名簿を出し、講義、試験はすべて大学で行われた。書籍を蔵していて、学生の自習が可能なようになっていた。また氏の有力者の協力で、豊かな財政で運営され、学生は生活上多くの便宜を与えられた。和気(わけ)氏の弘文(こうぶん)院、藤原氏の勧学院、橘(たちばな)氏の学館院、王氏の奨学院があった。氏族中心の貴族社会が生んだ施設である。[大塚徳郎]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大学別曹の関連キーワード橘嘉智子和気真綱氏の長者七大私学氏の院寄宿舎三院

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android