寄宿(読み)キシュク

デジタル大辞泉の解説

き‐しゅく【寄宿】

[名](スル)
他家に身を寄せて世話になること。「叔父の家に寄宿する」
寄宿舎に入って共同生活をすること。「県人寮に寄宿する」
寄宿舎」の
ある場所を借りて泊まること。
「木の下に一人の修行の僧、―したりけるに」〈今昔・一五・二五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅく【寄宿】

スル
他人の家に身を寄せて生活すること。学校・会社などの宿舎で生活を営むこと。 友人の家に-する
「寄宿舎」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しゅく【寄宿】

〘名〙
① (━する) 宿を借りて泊まること。また、他人の家に身を寄せて暮らすこと。寄寓(きぐう)
※菅家文草(900頃)三・宿舟中「寄宿孤舟上、東風不便行」
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉二「之を養ひ寄宿をも許すなり」 〔後漢書‐郭躬鎮伝〕
② (━する) 生徒や会社員などが学校、会社などの宿舎に住むこと。
※授業編(1783)四「近きは通ひ遠きは寄宿(キシュク)
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉三七「学校の寄宿(キシュク)は之を喩へば入込(いりご)みの銭湯に入るが如し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄宿の関連情報