コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川平三郎 おおかわ へいざぶろう

2件 の用語解説(大川平三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大川平三郎 おおかわ-へいざぶろう

1860-1936 明治-昭和時代前期の実業家。
万延元年10月25日生まれ。明治8年縁戚の渋沢栄一が設立した抄紙会社(のちの王子製紙)にはいる。専務をへて,31年独立。九州製紙,樺太(からふと)工業などを設立,事業を拡大して大川財閥をつくりあげた。貴族院議員。昭和11年12月30日死去。77歳。武蔵(むさし)入間郡(埼玉県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大川平三郎
おおかわへいざぶろう
(1860―1936)

日本の近代製紙業の先駆者的企業家。武蔵(むさし)国川越藩(埼玉県)の藩士の次男として生まれる。12歳のときに上京、伯父渋沢栄一の書生となったが、生家の困窮から学業を断念、1875年(明治8)抄紙(しょうし)会社(王子製紙の前身)に入社した。アメリカ留学後、副支配人、専務取締役となったが、98年に退社。その後、独立の製紙企業家として九州製紙、中央製紙、樺太(からふと)工業などを創立して、一時期には国内最大の製紙企業群を傘下に収めた。しかし、第一次世界大戦後に事業拠点であった樺太工業の経営が悪化し、1933年(昭和8)に王子製紙への吸収合併を余儀なくされた。[四宮俊之]
『由井常彦他著『日本の企業家2 大正篇』(有斐閣新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大川平三郎の言及

【王子製紙[株]】より

…しばらく経営不振が続いたが,西南戦争を契機とする新聞・雑誌の発展によって洋紙市場が形成されるにおよび,経営基盤が確立した。欧米のパルプ製造技術を学んだ大川平三郎(渋沢栄一の娘婿)の努力で,88年天竜川上流の気田に日本最初のパルプ工場(気田工場)建設に着手,90年完成した。93年に王子製紙(株)と社名を改めたが,このころには日本最大の製紙会社に成長していた。…

【紙・パルプ工業】より

…しかし製紙技術は欧米諸国に比べて低かった。そこで製紙技術を修得するため渋沢は王子製紙に就職した女婿の大川平三郎をアメリカに派遣し,大川は80年10月の帰国後直ちに稲わらパルプの製造に着手して成功した。84年には木材パルプ技術を修得するため再び欧米を訪れ,帰国後の88年,天竜川上流の気田に木材パルプ工場(王子製紙気田工場)の建設に着手,90年操業を開始した。…

※「大川平三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大川平三郎の関連キーワード井伊直方小山善佐村益雄杉山克巳立野徳治郎頼母木駒子綱島佳吉中村静嘉原口徠山名義路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大川平三郎の関連情報