コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊能図 いのうず

百科事典マイペディアの解説

伊能図【いのうず】

伊能忠敬を中心として江戸幕府の事業として作成された《大日本沿海実測輿地全図》の通称。1821年完成。地球を球体として扱い,測量は天文観測と距離・方位の測定を主とし精度は高い。日本全土で300余葉。大・中・小に分かれ,大図は縮尺3万6000分の1。海岸線,道路,社寺,村落など詳細。シーボルトが写しを持ち帰り(シーボルト事件),ヨーロッパに紹介,高い評価を得た。明治日本の各種近代的地図作製の根拠となった。
→関連項目古地図

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いのうず【伊能図】

伊能忠敬を中心とする伊能(測量)隊が,1800‐16年(寛政12‐文化13)に,幕府の事業として日本全国を測量して作成した日本で最初の近代科学的地図。忠敬は測量成果の集大成の途中,全国図完成前に死去したが,彼の死後は高橋景保の監督下で作成され,1821年(文政4)に完成した。大図(1里を3寸6分で表現し,縮尺にして1/3万6000,214枚),中図(1里を6分,縮尺1/21万6000,8枚),小図(1里を3分,縮尺1/43万2000,3枚)からなり,すべて手書きの彩色地図で,〈大日本沿海実測全図(実測輿地全図)〉と総称される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

伊能図の関連キーワード伊能忠敬記念館サンソン図法赤水図

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊能図の関連情報