コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野大社 クマノタイシャ

百科事典マイペディアの解説

熊野大社【くまのたいしゃ】

熊野三山

熊野大社【くまのたいしゃ】

島根県八束郡八雲村(現・松江市)熊野に鎮座。旧国幣大社。素戔嗚(すさのお)尊をまつる。この地は素戔嗚尊が,八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した後,隠棲(いんせい)した所と伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

熊野大社

山形県南陽市にある神社。806年創祀。祭神は熊野夫須美神(くまのふすみのおおかみ)(伊弉冉尊(いざなみのみこと))、熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)(伊弉諾尊(いざなぎのみこと))、熊野家津御子神(くまのけつみこのおおかみ)(素盞鳴尊(すさのおのみこと))。伊達政宗、直江兼継ゆかりの社。

熊野大社

島根県松江市にある神社。創祀は不明。祭神は神祖熊野大神、櫛御気野命(くしみけぬのみこと)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)。出雲一之宮。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くまのたいしゃ【熊野大社】

和歌山県熊野地方にある本宮,新宮,那智の3ヵ所の神社の総称。本宮(熊野坐(くまのにます)神社)は現在熊野本宮大社と称し,東牟婁(ひがしむろ)郡本宮町に,新宮(熊野早玉神社)は現在熊野速玉大社と称し,新宮市に,那智は現在熊野那智大社と称し,東牟婁郡那智勝浦町に鎮座する。 熊野は古くから霊魂観と縁の深い土地で,早くから山岳修行者の活躍が見られた。天平時代の永興禅師(《日本霊異記》)と平安中期の応照律師(《法華験記》)とがとくに有名で,山間の修行場が随所に形成された。

くまのたいしゃ【熊野大社】

島根県八束郡八雲村熊野,意宇(いう)川の上流の地に鎮座。神祖熊野大神櫛御気野(かむろぎくまぬのおおかみくしみけぬ)命(素戔嗚(すさのお)尊の別名)をまつる。古くより当地方で出雲大社とならぶ大社で,出雲国造が奉仕し,806年(大同1)神戸25戸に10戸を加えられており,867年(貞観9)正二位,延喜の制で名神大社とされた。しかし,中世以降は出雲大社がひとり一般の信仰をあつめ,振るわなかった。明治の制で,はじめ国幣中社,のち大社となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊野大社
くまのたいしゃ

島根県松江市八雲(やくも)町熊野に鎮座。祭神は神祖熊野大神櫛御気野命(かむろきくまののおおかみくしみけぬのみこと)。神名は素戔嗚尊(すさのおのみこと)の別名といい、『出雲国造神賀詞(いずものくにのみやつこかむよごと)』にみえる。素戔嗚尊が八岐大蛇(やまたのおろち)を退治したあと、現社地に宮を定めたと伝え、古代出雲族の本拠地意宇(おう)川一帯の鎮護の社として信仰された。『延喜式(えんぎしき)』には「出雲国意宇郡熊野坐(くまのにます)神社名神(みょうじん)大」とあり、出雲国一宮(いちのみや)とされた。古来、出雲大社との関係が深く、出雲国造が奉仕。毎年10月15日、新嘗(にいなめ)祭のための鑽火(きりび)祭には、大社から燧臼(ひきりうす)と燧杵(ひきりきね)を受けて古式による火鑽(ひきり)神事が行われる。旧国幣大社。例祭10月14日のほか、御櫛(みくし)祭(4月13日)、御狩(みかり)祭(2月・10月第4日曜)などがある。また、隣接して八雲温泉がある。[菟田俊彦]
『篠原四郎著『熊野大社』(1969・学生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の熊野大社の言及

【八雲[村]】より

…松江市の南に接し,中央を北流する意宇川に桑並川,東岩坂川などが合流する。意宇川上流にある熊野大社は《出雲国風土記》にみえる古社で,出雲大社と並び称された。戦国期には尼子氏の居城月山(がつさん)城(広瀬町)への要路にあたり,熊野大社南方にあった熊野城は,毛利氏の侵攻により落城した。…

※「熊野大社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熊野大社の関連情報