コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大正池 たいしょういけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大正池
たいしょういけ

長野県西部,飛騨山脈中の上高地にある湖。面積 0.15km2,最大水深約 2.5m。湖面標高 1460m。 1915 (大正4) 年焼岳の噴火により泥流が梓川をせきとめて出現。爆発当時の名残りをとどめて,池の中に枯木が散在している。土砂の堆積により面積は減少し,当初の2分の1となった。上高地を代表する景勝地の1つで,観光客が多い。中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大正池【たいしょういけ】

長野県南安曇(みなみあずみ)郡安曇村(現・松本市),上高地にある池。標高1490m,面積0.15km2,最深3.4m。1915年6月,焼岳の噴火の際の泥流が梓(あずさ)川の河道をせき止めてでき,池中には立枯れの樹木が林立する。
→関連項目焼岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいしょういけ【大正池】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡安曇村,梓川上流部の上高地にある湖。1915年(大正4)6月焼岳が大爆発して,大量の泥流を押し出し,梓川をせき止めて形成されたのが南北1540m,東西257m,面積40haの当時の大正池である。立枯れの木々が水につかり,水面には焼岳や穂高連峰が投影して美しい景観をつくっている。しかし半世紀以上を経た池は,上流からの土砂や,焼岳の噴火による泥流(とくに1962年)などによって埋まり,年々狭くなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょういけ【大正池】

飛驒山脈の上高地にある湖。1915年(大正4)の焼岳の噴火で梓川あずさがわがせき止められてできた。湖中には枯れ木が林立し、穂高岳を背景に美しい景観を呈するが、土砂の流入で消滅の危機にある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕大正池(たいしょういけ)


長野県西部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)中央部の上高地(かみこうち)にある堰止湖(せきとめこ)。面積10ha。湖面標高1490m。1915年(大正4)、焼(やけ)岳の溶岩流で梓(あずさ)川が堰き止められてできた。シラカバ・カラマツの枯れ木が池中に突出し、穂高(ほたか)岳の山々を映し、中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園を代表する景観をつくる。近年は土砂の堆積(たいせき)が激しく、面積は当初の4分の1に縮小。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大正池
たいしょういけ

長野県中西部、北アルプスの上高地(かみこうち)にある堰止湖(せきとめこ)。1915年(大正4)上高地南西部の焼岳(やけだけ)が大噴火し、溶岩流が梓(あずさ)川をせき止めてできたもの。当初は南北1540メートル、東西約250メートル、最深部は6メートルであった。穂高(ほたか)岳を背景に梓川河畔の樹木が枯れ木となって湖中に林立する景観は、第一級の自然美をなしていたが、焼岳の泥流や周囲の山々からの土砂が流れ込み、現在では当初の約3分の1になり、池というより梓川の河幅の広い部分といったほうが妥当である。水力発電所の調整池の役割りも果たしているが、このままでは消滅する危機にあり、関係機関が対策の検討を始めた。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大正池の言及

【焼岳】より

…鐘状の成層火山で,1585年(天正13)の大爆発以来,数十回の爆発の記録がある。1915年6月の活動では泥流が東麓に流下して梓川をせき止め,大正池をつくった。北側にも中尾泥流など多くの泥流があり,山体周辺にはなだらかな泥流堆積面が残されている。…

※「大正池」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大正池の関連キーワード南山城の大雨焼岳・焼嶽飛驒山脈枯れ木中尾峠穂高岳堰止湖堆積湖沼湖中枯木

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大正池の関連情報