コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉[村] おおいずみ

1件 の用語解説(大泉[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおいずみ【大泉[村]】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の村。人口3910(1995)。八ヶ岳連峰の主峰赤岳南麓の高原を占める。村名は村内の大湧水にちなむ。中心地は谷戸で,第2次世界大戦後,井出原に約150戸の農家が入植し,開拓を進めた。村域の大部分を山林が占めるが,八ヶ岳に発する河川と数多くの湧水を利用して,稲作が行われてきた。また高冷地を生かしてレタストマトなどの蔬菜を栽培するほか,近年は洋ラン栽培が盛んになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone