コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大泉[村] おおいずみ

世界大百科事典 第2版の解説

おおいずみ【大泉[村]】

山梨県北西部,北巨摩(きたこま)郡の村。人口3910(1995)。八ヶ岳連峰の主峰赤岳南麓の高原を占める。村名は村内の大湧水にちなむ。中心地谷戸で,第2次世界大戦後,井出原に約150戸の農家が入植し,開拓を進めた。村域の大部分山林が占めるが,八ヶ岳に発する河川と数多くの湧水を利用して,稲作が行われてきた。また高冷地を生かしてレタス,トマトなどの蔬菜を栽培するほか,近年は洋ラン栽培が盛んになっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android