コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天伯原 てんぱくはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天伯原
てんぱくはら

愛知県南東部,渥美半島基部にある洪積台地南端標高 60m前後の断崖で太平洋にのぞみ,三河湾に向って緩傾斜する逆傾斜の地形をなす。乏水性,強酸性の不良土壌をもつ。かつては陸軍の演習場であったが,第2次世界大戦後開拓され,1968年豊川用水が完成して,スイカダイコン,キャベツなどの野菜主産地を形成。養鶏養豚酪農専業農家もある。豊橋市南部に位置し,宅地造成が進んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぱくはら【天伯原】

愛知県南東部,渥美半島の基部に分布する洪積台地。天伯原台地ともいう。豊橋平野の南部をなす豊橋台地の高位面にあたり,さらに台地の分水界付近の標高50~80m付近に継続的に分布する狭い面と,北斜面の標高23~45m付近に分布する面とに分けられる。前者は天伯原礫層と呼ばれる暗色硬砂岩,チャート,黒色ケツ岩など径1~3cmの円礫・亜円礫層(層厚約6m)からなる。後者は更新統に属する砂礫層を主とするが,標高26m付近より低い地域では砂質粘土層の比率が高まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛知県〕天伯原(てんぱくばら)


愛知県南東部、渥美(あつみ)半島基部に広がる洪積台地。北は梅田(うめだ)川を隔てて高師原(たかしばら)に接し、南は断層崖(だんそうがい)をなして太平洋に面する。標高約20~70m。旧陸軍演習場跡地が第二次大戦後に開放され農地開墾が進む。豊川(とよがわ)用水が通じ、ハクサイ・キャベツを特産。近年、市街化も顕著。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天伯原
てんぱくばら

愛知県南東部、豊橋(とよはし)市南部にある洪積台地。豊川(とよがわ)左岸の3段段丘上の最上位面で渥美(あつみ)半島の基部をなしている。梅田川を隔てて高師原(たかしばら)に隣接。太平洋岸は直線的断崖(だんがい)をなし、逆傾斜運動のため太平洋岸が高く北に向かって傾斜している。表土は強酸性、乏水性のため耕作に適せず陸軍演習地になっていたが、第二次世界大戦後開拓され、豊川用水の通水以後乏水性は解消され、現在は蔬菜(そさい)園芸地帯をなし、また、豊橋市の都市化と三河港造成の影響で住宅化が著しい。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天伯原の関連キーワード湖西[市]富山[村]高師原断層崖富山

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android