コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天正大判 テンショウオオバン

4件 の用語解説(天正大判の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんしょう‐おおばん〔テンシヤウおほバン〕【天正大判】

天正16年(1588)豊臣秀吉が彫金師の後藤徳乗に命じて鋳造させた金貨。縦5寸6分(約17センチ)、横3寸3分(約10センチ)余り。重さ44匁(約165グラム)。表面に「拾両」「後藤」と花押の墨書がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

天正大判【てんしょうおおばん】

1588年(天正16年)豊臣秀吉が彫金師後藤家に鋳造させた大型の判金。縦5寸6分5厘,横3寸4分などの楕円形で重量は44.1匁。10両として通用。〈拾両〉と後藤の2字および花押(かおう)を墨書し,桐紋の極印をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんしょうおおばん【天正大判】

豊臣秀吉が1588年(天正16)京都の彫金家後藤徳乗に命じて鋳造させた大判。〈大判〉とは大型の判金という意味に用いられる。徳乗は織田信長に仕えて大判を造っており,秀吉はこれを踏襲した。天正大判の量目は44.1匁(約165g),品位は金含有量が73.84%,銀は26.16%となっていた。天正大判は10両大判で,〈拾両・後藤・花押〉の文字が墨書されており,大判の上下,左右には丸い形の桐の模様の極印が打たれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんしょうおおばん【天正大判】

1588年(天正16)、豊臣秀吉が後藤徳乗に鋳造させた金貨。長円形の大判としては最古のもの。重さ約165グラム。表裏に桐の極印ごくいんがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天正大判の言及

【後藤徳乗】より

…桃山,江戸時代の彫金工。後藤祐乗を祖とする後藤宗家の5代目で,通称を源次郎光基といい,父光乗の嫡男として京都に生まれた。後藤家は代々装剣金具の製作を家業とし,足利将軍家に仕えたが,足利家滅亡後,徳乗は織田信長,豊臣秀吉に仕えた。特筆すべきは,家業のほかに大判金と金銀を測る天秤の分銅を製作したことで,同家の記録では1581年(天正9)信長から父とともに分銅大判役を命ぜられたと伝えている。信長没後も秀吉から引き続きこの役を与えられ,1591年4月には山城国の愛宕郡市原村,久世郡中村,葛野郡西院村に私領250石を永代不易に与えられる厚遇を得,やがて畿内各地に成立していた金屋,金吹きの業を独占掌握するようになった。…

※「天正大判」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

天正大判の関連キーワード環境報告書エッセイ中津城村上水軍板倉重昌刀狩国史略佐々成政随想録西班牙

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天正大判の関連情報