コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大判座 おおばんざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大判座
おおばんざ

江戸時代,大判金鋳造を司った役所。慶長年間 (1596~1615) に設置され,鋳造,手入れ,墨判書直しなど一切の特権は,京都の金工後藤四郎兵衛徳乗家にあった。廉乗の代に京都から江戸に移り,京都では補修のみにあたった。明治維新後廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおばん‐ざ〔おほバン‐〕【大判座】

江戸時代、幕府の命を受け、大判鋳造をつかさどった役所。京都の後藤徳乗がその特権を与えられ、後藤家が代々世襲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおばんざ【大判座】

江戸時代の大判鋳造所。江戸幕府の金貨幣は,御金改役後藤庄三郎支配の金座で造られたが,大判だけは当初から京都の後藤四郎兵衛を中心とする大判座で造られていた。四郎兵衛は,彫金をもって足利義政に仕えた後藤祐乗を祖としているが,豊臣秀吉のとき天正大判を造ったのは5代目後藤徳乗であり,あるいは4代目光乗の弟吉高であった。8代目即乗の1625年(寛永2)からは,徳川氏によって江戸詰を命ぜられて,江戸と京都の2ヵ所となったが,庄三郎光次に始まる金座後藤に対しては,四郎兵衛家は京都在住のときからの師家筋にあたっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おおばんざ【大判座】

江戸時代、大判の鋳造に関することの一切をつかさどった役所。京都の後藤四郎兵衛徳乗家にその特権が与えられた。のち、江戸にも開かれ、両所で御用を勤めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大判座の関連キーワード後藤庄三郎(2代)大判・小判江戸時代後藤光次慶長金銀天保金銀両所御用

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android