コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天草松島 あまくさまつしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天草松島
あまくさまつしま

熊本県南西部,天草諸島の北部にあり,大矢野島上島松島地区との間に散在する島嶼群。上天草市に属する。前島,永浦島,中島,樋合 (ひあい) 島など 31の島からなり,雲仙天草国立公園に属する。宮城県の松島に似ているのでこの名がある。特に松島地区の千巌 (せんがん) 山および高舞登 (たかぶと) 山 (国指定名勝) からの眺望はすばらしい。 1966年宇土半島の三角から松島地区までを島づたいに結ぶ天草五橋が完成。松島地区の合津 (あいつ) 港を基地に,天草五橋めぐりの遊覧船が出ている。面積 2.5km2。人口約 800 (1996) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまくさまつしま【天草松島】

熊本県天草郡大矢野島と天草上島との間に散在する20余の群島。地名は日本三景の一つ宮城県の松島にちなみ,一帯は雲仙天草国立公園に属する。北東~南西方向に走る丘陵性山地が沈水したもので,地質はおもに新生代第三紀の火山活動に由来すると思われる白い凝灰岩などからなる。青い海と松の緑の島々は,1966年に開通した天草五橋で結ばれている。天草松島の展望は松島町背後の千巌山(162m)と高舞登(たかぶと)山(117m。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕天草松島(あまくさまつしま)


熊本県西部、天草上(かみ)島と大矢野(おおやの)島の間に点在する約30の島々の総称。名称は日本三景の一つである宮城県の松島にちなむ。雲仙(うんぜん)天草国立公園の一部で、天草上島にある千巌(せんがん)山からの眺望がよい。天草パールラインが通じる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天草松島の言及

【松島[町]】より

…南部は丘陵性山地に囲まれ,東部は八代海,西部は有明海に面し,五つの有人島と25の無人島を含む。北部の大矢野島との間に広がる多島海は天草松島とよばれ,一帯は雲仙天草国立公園に含まれる。天草五橋の終点にあたり,1966年の開通を契機に観光客が急増した。…

※「天草松島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天草松島の関連キーワード熊本県上天草市松島町合津日本の国立公園熊本県上天草市松島[町]松島〈町〉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天草松島の関連情報