コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈留[町] なる

2件 の用語解説(奈留[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

奈留[町]【なる】

長崎県南松浦郡,五島列島中部の奈留島と周辺の小島を占める旧町。主集落の浦郷は奈留島にあり,福江との間に定期船が通じる。アジ,サバ,イカ,ブリ,タイなどの沿岸・沖合漁業,養殖が盛んで,五島するめを特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なる【奈留[町]】

長崎県西部,南松浦郡の町。人口4494(1995)。五島列島のほぼ中央に位置し,奈留島,葛(かずら)島,前島の3島と,無人の4島からなる。主島の奈留島は地塁山地急斜面が海に落ちこみ複雑な海岸線を呈する。入江は天然の良港をなし,10漁港を数える。町の中心は浦郷。漁業が主産業で,巻網,一本釣漁業などの沿岸漁業のほか,ハマチ,タイの養殖も盛んである。浦郷に,アコウの老木やタブノキなど暖地性植物が生い繁る五島列島中部低地の代表的自然林,奈留島権現山原始林(天)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone