コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良田 ならだ

3件 の用語解説(奈良田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良田
ならだ

山梨県西部,赤石山脈中にある集落。赤石山脈と巨摩山地の間を流れる早川上流の谷にあり,早川町に属する。長らく隔絶された山村で,独自の民家,焼畑農業,言語,習慣などが残されていた。また奈良時代孝謙天皇 (→称徳天皇 ) の遷居伝説がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ならだ【奈良田】

山梨のそば焼酎。酒名は、原料のそばの産地・奈良田にちなみ命名。笹子峠の湧水「御前水」を用いて仕込む。原料はそば、麦、米麹。アルコール度数25%。蔵元の「笹一酒造」は大正8年(1919)創業。清酒やワインの醸造も手がける。所在地は大月市笹子町吉久保。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奈良田
ならだ

山梨県西部、南巨摩(みなみこま)郡早川町最北部にある集落。早川渓谷の上流にあり、奈良時代に孝謙(こうけん)天皇が遷居されたという伝説、それにまつわる七不思議の伝えなどあり、隔絶山村として民俗学的資料にも富んでおり、言語にも特徴がある。しかし、第二次世界大戦後、電源開発のためダム(奈良田湖)が建設され、旧集落は移転。温泉も湧出(ゆうしゅつ)し、観光地化して昔のおもかげは消えてしまっている。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奈良田の関連キーワード雲海草笛喧嘩のそば杖十割そば作蕎麦玉刻そば仙波蕎麦あなたのそばに佐幌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奈良田の関連情報