コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

契約講 けいやくこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

契約講
けいやくこう

宮城県をはじめ東北地方に主として分布し,長野県,千葉県の一部にもみられる村落組織の一種。契約講は相互平等に結ばれた地縁的集団で,病気見舞い,家の建築,屋根のふき替え,結婚式,葬式年忌,法要,田植えなどにおける生活互助の役割をになっている。普通は単にケイヤクと呼ばれることが多く,地方によっては神起講とか睦親講とか呼ばれているところもある。構成員には,村落または村の全戸がなるが,なかには葬式組として存在していたり,単なるケイヤクという村寄合の名称となっているところもある。こうした組織の多くは,成文化した規約をもっており,その規約を犯せば,制裁として村八分を科されるところもある。会合は,一般に春秋の2回または年1回もたれる。ケイヤクの組織,機能,行事などには地域差が著しく,村落構造とも深くかかわっていると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

契約講【けいやくこう】

東北地方などにみられる村組()。冠婚葬祭や村仕事の合力,村の共有財産の管理などを行い,年1〜2回飲食を共にし村自治の協議を行うが,村政の機関ではなく,戸主が構成する相互扶助組織。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいやくこう【契約講】

主として東北地方に分布する村落内の集団。単に契約とも呼ばれる。契約講は,すでに近世前期の地方史料に現れるが,現代でも機能を維持している地域も少なくない。その場合,睦親講とか実業団など他の名称に変えているものもある。さまざまな形態があるが,一村落を単位に構成される,(1)戸主会的な型と,同じく(2)若者組的な型が基本型とみられる。両者が一地域に重層する形態もある。(1)は,戸主を構成員とし,規約をもち,春秋2回ほど契約の寄合を厳粛に開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

契約講
けいやくこう

契約を結ぶ関係者によって結成された講集団をいう。大きく分けて2種類に分類される。一つはムラの公的生活のうえから締結されている村寄合(よりあい)、契約会などといわれているものである。他は私的生活において契約されるもので、労働力を必要とするユイ仲間、経済的に助けあう頼母子(たのもし)講などである。しかし実際には二つの性格は明確に区別されるものではなく、混在し、複雑な性格をもっている。公的性格をもつものは、村の運営を行い、その秩序を守ってゆく機能がある。私的性格をもつものは、前記のユイ仲間のごとく労働力を相互に交換しあうもの、設備を共同で使用するために契約を結ぶものなど種類も多く、ムラ人の生活全般にわたって活用されることが多い。山形県、宮城県などでは、ケイヤクといえば、葬式のときの相互扶助の仲間だけを意味し、地縁的なクミより広範囲の集団をさしている所もある。このケイヤクは、公的、私的、いずれの性格をも有している。私的性格をもつものには、職業と結合し、かつ信仰的要素をもつ住吉(すみよし)講、恵比須(えびす)講、山の神講など、重層性を有するものもある。さらに性格、年齢別によって契約講を構成するものもあり、契約は社会結合の必要から生まれた集団といえる。[鎌田久子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

契約講の関連情報