コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥平氏 おくだいらうじ

3件 の用語解説(奥平氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥平氏
おくだいらうじ

平姓。戦国時代,三河国設楽郡に住して今川氏に属する。貞能のとき,徳川氏に仕え,子信昌は長篠の戦いに大功を立て家康の娘亀姫をめとり上野小幡3万石,関ヶ原の戦い後,美濃加納で 10万石。のち豊前中津に移封,以来子孫相継ぎ,明治にいたり伯爵。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おくだいらうじ【奥平氏】

室町・戦国期の三河国の豪族。江戸期は譜代大名。初代貞俊は上野国奥平郷に住していたが三河国設楽郡作手に移り,1433年(永享5)に没したという。2代貞久は松平氏,3代貞昌は今川氏,4代貞勝,5代貞能は松平氏(一時は武田氏)に属す。6代信昌は1575年(天正3)長篠の戦に大功を立て徳川家康の娘亀姫をめとり,1601年(慶長6)美濃加納10万石。7代家昌も同年下野宇都宮10万石。8代忠昌のとき19年(元和5)下総古河11万石,9代昌能は68年(寛文8)出羽山形9万石,10代昌章85年(貞享2)宇都宮9万石,11代昌成は97年(元禄10)丹波宮津9万石,さらに1717年(享保2)豊前中津10万石に移封。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥平氏
おくだいらうじ

徳川譜代大名(ふだいだいみょう)の一つ。伝承では具平(ともひら)親王の後裔(こうえい)赤松(あかまつ)氏が武蔵七党(むさししちとう)の児玉(こだま)氏に入婿(いりむこ)後、子孫が上野国(こうずけのくに)甘楽(かんら)郡奥平郷(群馬県高崎市吉井町下奥平)に住し奥平を称したことに始まり、室町前期ごろに貞俊(さだとし)が同地から三河国(みかわのくに)設楽(したら)郡作手(つくで)(愛知県新城(しんしろ)市)に移住したという。戦国期には同郡長篠(ながしの)・田峰(だみね)の菅沼(すがぬま)氏とともに山家三方衆(やまがさんぼうしゅう)とよばれ勢力を有した。同地域は遠江(とおとうみ)・信濃(しなの)両国に接し、貞昌(さだまさ)は今川氏に従ったが、貞能(さだよし)に至り徳川氏から一時武田氏へ、1573年(天正1)にはふたたび徳川氏に属した。このとき徳川家康は貞能(さだよし)・信昌(のぶまさ)父子に誓書を送り、長女亀姫(かめひめ)と信昌の縁組などを約し、武田氏に備えた。信昌は1575年長篠城を武田氏の攻撃から守りぬき、その後も戦功多く1590年に上野国小幡(おばた)3万石、1601年(慶長6)には美濃国(みののくに)加納(かのう)10万石を与えられた。以後子孫は数度の転封後、昌成(まさしげ)のときに豊前国(ぶぜんのくに)中津(なかつ)10万石に固定。また信昌の子のうち忠明(ただあきら)は家康の養子となり、松平と改姓し大名となった。[久保田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥平氏の言及

【宇都宮藩】より

…1600年徳川家康の外孫奥平家昌が10万石で入封し,以後東北地方への押え,日光東照宮の入口として徳川譜代の臣が藩主となった。1619‐22年(元和5‐8)の本多正純は15万5000石を領有し,宇都宮城の拡大,城下町の改造,日光への街道の整備を行うとともに,領内の検地を実施したが,突然改易となり,復帰した奥平氏も1668年(寛文8)忠昌の死後,寵臣杉浦右衛門兵衛の殉死,藩内対立などから山形へ移されるが,このころまでが藩体制確立期であった。以後松平忠弘15万石,81年(天和1)本多忠平10万石,85年(貞享2)奥平昌章9万石,97年(元禄10)阿部正邦10万石,1710年(宝永7)戸田忠昌6万7800石,49年(寛延2)松平忠祇(ただまさ)6万5900石と約80年間に6家が交代した。…

【中津[市]】より

…古代は豊前国の一中心であり,宇佐神宮を中核とする文化が栄えた。16世紀末に黒田孝高が入部,以降,細川氏,奥平氏らの城下町であった。1871年(明治4)の廃藩置県により中津藩は中津県となり,さらに小倉県などを経て,76年には大分県に編入された。…

※「奥平氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥平氏の関連キーワード清水谷公松酒井氏松平氏酒井三河衆愛知県豊川市八幡町夏目吉信青山氏撰銭令牧野氏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥平氏の関連情報