奥津[町](読み)おくつ

百科事典マイペディアの解説

奥津[町]【おくつ】

岡山県北部,苫田(とまた)郡の旧町。北端は鳥取県に接し,大半が山地で農林業が主。主集落は吉井川上流に沿う久田下原(くたしものはら)。さらに上流の奥津温泉は美作(みまさか)三湯の一つとして有名で,単純泉,40〜43℃,湯量が豊富。足踏み洗濯の風習がある。下流の大釣温泉にかけて岩石段丘甌穴(おうけつ)のみられる奥津渓(名勝)がある。2005年3月苫田郡富村,上齋原村と鏡野町へ編入。130.83km2。1825人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おくつ【奥津[町]】

岡山県北部,苫田郡の町。人口2109(1995)。吉井川上流の山間地に位置し,谷底に水田があるほかはすべて山林で,かつては山地を牛の放牧地に利用したが,今日では植林が進んでいる。奥津温泉(単純泉,40~43℃)は湯原,湯郷(ゆのごう)とともに古代から美作三湯(みまさかさんとう)として知られる。女性が《奥津音頭》に合わせて足踏み洗濯をする風習があり名物になっている。温泉下流には奥津渓(名)があり,この一帯は湯原町にまたがって湯原奥津県立自然公園に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android