女房言葉(読み)にょうぼうことば

百科事典マイペディアの解説

女房言葉【にょうぼうことば】

女房詞とも書く。室町初期から御所仙洞(せんとう)御所に仕える女房たちが使い始めた言葉。それが足利将軍や徳川将軍に仕える女性に伝わり,さらに一般の武家や町家の女性にも用いられるようになった。たとえば青物(野菜),かもじ(髪の毛),すもじ(すし),おでん(田楽),おひや(水)など。
→関連項目消息

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にょうぼうことば【女房言葉】

天皇の御所や,院の仙洞(せんとう)御所に仕える女官(女房)の用語,ことに女性語として特徴のある形式をもつ語。室町時代有職(ゆうそく)に関する書物《海人藻芥(あまのもくず)》《大上﨟御名之事(おおじようろうおんなのこと)》にあげたものでは120語ほどある。もともとは女性の心理から出た隠語で,省略形,擬態・擬音語や比喩による言換えの形式が多く,上品で優美な婉曲な表現として将軍家の大奥の女性にも用いられ,さらに町家に伝わり,男性にも用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の女房言葉の言及

【女性語】より

…たとえば東京で,ソウナノ・早クイラッシャイナのような言い方が男性に聞かれることがあるが,これは家庭で母親・姉妹などから学んだ女性語が社会的な修正を受けないで育ったか,それをまねたかであろう。 特殊な女性社会の隠語に由来する〈女房言葉〉というものがある。室町時代の初めころ,内裏(だいり)や仙洞(せんとう)に仕えた女官(つまり女房)が隠語として使いはじめたもの。…

※「女房言葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android