コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙好人 みょうこうにん

6件 の用語解説(妙好人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙好人
みょうこうにん

人間のなかで最もすぐれた最上至高の人を意味し,特に真宗の篤信者をさす。中国の念仏僧,善導の『観経疏』に「もし能く相続して念仏する者,此の人,甚だ稀有なりとなす。……即ち是れ人中の好人なり,人中の妙好人なり,人中の上上人なり,人中の稀有人なり,人中の最勝人なり」とあるのに由来している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みょうこう‐にん〔メウカウ‐〕【妙好人】

信仰心のあつい念仏の行者を称賛していう語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

妙好人【みょうこうにん】

江戸末期,浄土真宗の篤信者で,特に行状の美しい者を呼んだ通称。1830年代に仰誓(ぎょうぜい)らは《妙好人伝》2巻を編み,この名を初めて用いた。以後,6回編集され大正時代に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みょうこうにん【妙好人】

真宗を中心とした浄土教の篤信者のこと。《観無量寿経》が念仏者を〈人中の分陀利華(ふんだりけ)〉とたとえたのを,唐の善導が《観経疏散善義》で注して,〈人中の好人,人中の妙好人,人中の上上人,人中の希有人,人中の最勝人〉と称したのに始まる。本来は念仏篤信者に対する褒賞語で,法然,親鸞,一遍などもその意に用いたが,江戸時代末に《妙好人伝》が板行されて以後,とくに真宗の在家念仏者の篤信家を指す語となった。そのほとんどは農民を中心とする庶民的な念仏者で,その生活がすべて念仏中心に展開するのを特色とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みょうこうにん【妙好人】

他力の信心を得た、すぐれた念仏者。また、念仏行者をほめていう語。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

妙好人
みょうこうにん

優れた人の意。上上人(じょうじょうにん)、稀有人(けうにん)ともいわれる。『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』に、仏を念ずる者を「人中の分陀利華(ふんだりけ)(白蓮華(びゃくれんげ))」とあり、それを中国の善導(ぜんどう)が『観経疏(かんぎょうしょ)』で「人中の妙好人」と注した語による。この語がとくに浄土真宗の篤信者という特殊の意味をもつようになったのは、石見(いわみ)国(島根県)の浄土真宗浄泉(じょうせん)寺の仰誓(ごうせい)が1818年(文政1)編纂(へんさん)した真宗信者の『妙好人伝』以後である。それ以降、鈴木大拙(だいせつ)編著『妙好人浅原才市(あさはらさいいち)集』(春秋社)など幾多の妙好人伝が刊行され、今日も続行している。それらは、だいたい無名で学問のない人でありながら信心の境地では優れて高いところに達していた人の言行であり、その点で注目されている。[松野純孝]
『柏原祐泉著『近世庶民仏教の研究』(1971・法蔵館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の妙好人の言及

【妙好人伝】より

…全6編に登場する人数は157名で,農民が41%,商人が16%を占め,すべて江戸時代の人たちである。妙好人とは,本来一般の念仏者を褒賞する語であったが,本書板行後は真宗篤信者の別称になった。いずれも真摯な他力念仏者で,みずからを煩悩(ぼんのう)深い悪人と自覚し,ひたすら阿弥陀仏の救済の本願を信じて現実生活に深い充足感をもつが,一面ではその時代の為政者や本山・門主等への順応,道徳生活の遵守,忍従生活の甘受もみられる。…

※「妙好人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙好人の関連情報