コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙法(2) みょうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

妙法(2) みょうほう

1026-1107 平安時代中期-後期の尼僧。
万寿3年生まれ。丹波の人。京都で夫にすてられ,40歳で尼となる。日課に阿弥陀(あみだ)経,法華(ほけ)経,仁王経,観音経をよみ,念仏一万遍をとなえた。またとなえた念仏は小豆でかぞえて57石3斗になったという。嘉承(かじょう)2年3月18日死去。82歳。俗姓は橘。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

妙法(2)の関連キーワード妙法尼僧

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android