嬢(漢字)

普及版 字通「嬢(漢字)」の解説


常用漢字 16画

(旧字)孃
20画

(異体字)娘
10画

[字音] ジョウ(ヂャウ)
[字訓] はは・むすめ

[説文解字]
[その他]

[字形] 形声
旧字は孃に作り、襄(じよう)声。襄にゆたかなものの意がある。〔説文〕十二下に「煩擾(はんぜう)なり」とし、また「一に曰く、肥大なり」という。煩擾の意は、襄の初文である二上に「亂るるなり」とある意を承けるものであろうが、は祝し、呪具を以て邪霊を攘(はら)う意で、そのことごとしいさまをいう。孃にはその意がなく、が肥満の人をいう語であるように、肉づきのゆたかな人をいう。婦人は中年以後、肥大となる人があり、孃とはそのような老婦人をいう。のち、娘と通じて用いる。

[訓義]
1. こえた女、老婦人、はは。
2. 娘と通じ、むすめ。
3. 擾と通じ、わずらわしい、みだれる。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕孃 乎美奈(をみな) 〔名義抄〕孃 ヲウナメ・ハハ・ヲナミ(ミナ)・ウ(ヲ)ミナ/娘 ムスメ・ヨキヲウナ 〔字鏡集〕孃 ヲムナ・ミダル・ハハ・ヲミナ

[語系]
孃・njiangは同声。は肥満。また壤(壌)・(醸)njiangも同声。やわらかく、ふっくりしたものをいう。*語彙は娘字条参照。

[熟語]
嬢子・嬢嬢
[下接語]
村嬢・耶嬢爺嬢令嬢老嬢

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android