コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嬢/娘 ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう〔ヂヤウ〕【嬢/娘】

[名]未婚の女性。むすめ。代名詞のように用いることが多い。「―ちゃん」「お―さん」
[接尾]
未婚の女性の氏名に付けて、敬称として用いる。「中村春子―」
職業を表す語に付けて、その職にたずさわっている女性であることを表す。「アナウンス―」「受付―」

じょう【嬢〔孃〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(漢)
未婚の女性。むすめ。「愛嬢貴嬢令嬢老嬢
母。「嬢(やじょう)」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

嬢/娘の関連キーワードモーツァルト:ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ協奏曲 第17番 ト長調/piano and orchestra(concerto)ラヴェル:プレリュード/piano solo月も朧に白魚の篝もかすむ春の空アンドルー王子永田 とよ子大伴宿奈麻呂宜し・良らし付け文・付文デファン夫人毒姫とわたし体細胞分裂海間 十郎おそぶらう腕を引く蛭の地獄平 一喜藤原郎女ジュノムおそぶる

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android