コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嬢/娘 ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう〔ヂヤウ〕【嬢/娘】

[名]未婚の女性。むすめ。代名詞のように用いることが多い。「―ちゃん」「お―さん」
[接尾]
未婚の女性の氏名に付けて、敬称として用いる。「中村春子―」
職業を表す語に付けて、その職にたずさわっている女性であることを表す。「アナウンス―」「受付―」

じょう【嬢〔孃〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(漢)
未婚の女性。むすめ。「愛嬢貴嬢令嬢老嬢
母。「嬢(やじょう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

嬢/娘の関連キーワードモーツァルト:ピアノ協奏曲 第14番 変ホ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ協奏曲 第17番 ト長調/piano and orchestra(concerto)ラヴェル:プレリュード/piano solo月も朧に白魚の篝もかすむ春の空大伴宿奈麻呂宜し・良らしデファン夫人大伴坂上郎女永田 とよ子毒姫とわたし海間 十郎体細胞分裂おそぶらうジュノム腕を引く蛭の地獄初月の歌大伴大嬢ゴーチエ藤原郎女

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android