コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子母沢寛 しもざわかん

7件 の用語解説(子母沢寛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子母沢寛
しもざわかん

[生]1892.2.1. 北海道,厚田
[没]1968.7.19. 鵠沼
小説家。本名,梅谷松太郎。 1914年明治大学法学部卒業。転々と職を変え,新聞社入りをした頃から維新史料をあさって記事を書くようになった。その成果が『新撰組始末記』 (1928) ,『新撰組異聞』 (29) などに現れたが,さらに大衆小説に進み『笹川の繁蔵』 (30) ,『紋三郎の秀』 (31) を経て『国定忠治』 (32~33) により股旅物の第一人者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しもざわ‐かん〔しもざはクワン〕【子母沢寛】

[1892~1968]小説家。北海道の生まれ。本名、梅谷松太郎。新聞記者を経て、大衆文学作家として活躍。作「新選組始末記」「国定忠治」「父子鷹」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

子母沢寛【しもざわかん】

小説家。本名梅谷松太郎。北海道生れ。画家三岸好太郎の異父兄。明大法科卒。《読売新聞》《東京日日新聞》に在籍。古老の話を聞き,墓をたずね,文献を集めるなどして,1928年《新選組始末記》を刊行,注目された。
→関連項目三岸好太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

子母沢寛 しもざわ-かん

1892-1968 昭和時代の小説家。
明治25年2月1日生まれ。読売新聞をへて,大正15年東京日日新聞(現毎日新聞)にうつる。昭和3年聞き書きによる実録「新選組始末記」を出版し,8年作家生活にはいる。「弥太郎笠」「国定忠治」などの股旅物や「勝海舟」「父子鷹」「逃げ水」など,幕末維新期を主題にした作品で知られる。昭和43年7月19日死去。76歳。北海道出身。明大卒。本名は梅谷松太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しもざわかん【子母沢寛】

1892‐1968(明治25‐昭和43)
小説家。幕末維新物,仁俠物を得意とした。北海道石狩郡厚田村の生れ。本名梅谷松太郎。異父弟に画家の三岸好太郎がいる。明治大学卒業後しばらく釧路や札幌などで地方紙や木材会社に勤めたが,1918年再度上京して読売新聞社会部に入り,26年さらに東京日日新聞に転じた。在社中から新聞の囲みものなどを手がけ聞書形式を生かしたスタイルを定着させ,新選組や遊俠の徒の調査研究に力を注ぐ。28年《新選組始末記》を刊行して注目され,《弥太郎笠》(1931),《菊五郎格子》(1932),《国定忠治》(1932‐33)などをつぎつぎに発表して股旅物に新境地を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しもざわかん【子母沢寛】

1892~1968) 小説家。北海道生まれ。本名、梅谷松太郎。明大卒。股旅物またたびもののほか、幕末・維新物が多い。作「新選組始末記」「国定忠治」「勝海舟」「父子鷹」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子母沢寛
しもざわかん
(1892―1968)

小説家。明治25年2月1日、北海道石狩郡厚田(あつた)村(現石狩市)に生まれる。本名梅谷松太郎。父母とは縁が薄く祖父母に養育された。画家三岸好太郎(みぎしこうたろう)は異父弟にあたる。祖父梅谷十次郎(通称斎藤鉄五郎)は彰義隊員として敗亡の身を厚田に定住させた。北海中学を経て、1914年(大正3)明治大学法学部卒業。釧路(くしろ)毎日新聞社入社。18年上京し読売新聞社に入社、千葉亀雄、沢田撫松(ぶしょう)らと親交を結ぶ。26年東京日日新聞社に転籍。史実と巷説(こうせつ)を現地踏査によって再構成し、新選組の隊士らの実相を描いた『新選組始末記』(1928)、『新選組遺聞』(1929)、『新選組物語』(1932)の三部作を完成。33年(昭和8)以来文筆専業となる。高橋泥舟(でいしゅう)の生涯を綴(つづ)った『逃げ水』(1959)、勝小吉(こきち)・麟太郎(りんたろう)(海舟(かいしゅう))父子を描いた『父子鷹(おやこだか)』(1955~56)、『おとこ鷹』(1960)など幕末遺臣と江戸への挽歌(ばんか)を点綴(てんてつ)した一連の作品により第10回菊池寛賞を受賞(1962)。随筆集『ふところ手帖(てちょう)』(1961)も好著として知られる。昭和43年7月19日没。[山崎一穎]
『『子母沢寛全集』全25巻(1973~75・講談社) ▽尾崎秀樹著『子母沢寛――人と文学』(1977・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の子母沢寛の言及

【父子鷹】より

子母沢寛の代表的な長編小説。1955年5月~56年8月,《読売新聞》に連載。…

※「子母沢寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

子母沢寛の関連キーワード馮敏昌松田竹園神田朔山アイリッシュ西郷斬首剣/人間の剣 幕末維新編4新撰組残夢剣/人間の剣 幕末維新編3血煙り新選組/人間の剣 幕末維新編1無銘剣対狂剣/人間の剣 幕末維新編2NHK大河ドラマ耕山(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子母沢寛の関連情報