コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤立波(水の) こりつはsolitary wave

海の事典の解説

孤立波(水の)

浅水を波形を変えずに伝わる、ただ一つの峰を持った非線形波。クノイダル波の波長を無限大とした極限にあたる。うねり等が海岸近くの浅い部分に進入したと き、峰が尖り谷が平になるが、平らな谷に隔てられた個々の峰の振舞いが、孤立波で近似できる。アーセル数が1のオーダーで、波を支配する方程式はKdV方 程式となり、自然界に広く存在する非線形孤立波の一つの例として、粒子的な振舞いをする。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android