コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙線あらし(嵐) うちゅうせんあらし

百科事典マイペディアの解説

宇宙線あらし(嵐)【うちゅうせんあらし】

大きな磁気嵐や顕著なオーロラが起こる際,宇宙線の強度が地表全体で一様に数%減少する現象。太陽面爆発により飛来した高エネルギーの荷電粒子流が異常な電場を発生させるのが原因といわれる。
→関連項目宇宙線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android