コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇部[市](読み)うべ

百科事典マイペディアの解説

宇部[市]【うべ】

山口県西部,周防灘(すおうなだ)に臨む市。1921年市制。明治以後宇部炭田の採炭が本格化,炭鉱町として急速に発展した。宇部式組合組織,共同議会などを中心に地域開発が進められ,金属,鉄鋼,セメント,ソーダ,硫安など一連の石炭コンビナートの形成,炭坑の廃土を埋立に利用した宇部港の整備が行われ,海底炭田の開発も進んだ。1967年全炭坑が閉山,代わって石油化学工業の導入による再発展が計られた。近年は北部の丘陵地帯に先端技術産業を中心としたテクノポリスの建設が進められている。山陽本線,宇部線,小野田線が通じ,山口宇部空港,山口大学工学部・医学部がある。2004年11月厚狭郡町を編入。286.65km2。17万3772人(2010)。
→関連項目山口炭田

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うべ【宇部[市]】

山口県南西部,周防灘に面する工業都市。人口17万5116(1995)。市の西部を厚東(ことう)川が南流し,下流部は近世の干拓新田で穀倉地帯をなす。宇部市小野田市,山陽町の海岸,海底に広がる宇部炭田の開発によって,明治後半から大正期にかけ急速に鉱業都市に成長し,1921年宇部村から一躍市制をしき,県下2番目の市となった。昭和初期に石炭を基礎とする工業化が始まり,炭坑廃土を利用した埋立地港湾造成によって,宇部興産を中心とする典型的な工業地域を形成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android