宇野 弘蔵(読み)ウノ コウゾウ

20世紀日本人名事典「宇野 弘蔵」の解説

宇野 弘蔵
ウノ コウゾウ

昭和期の経済学者 元・東京大学教授。



生年
明治30(1897)年11月12日

没年
昭和52(1977)年2月22日

出生地
岡山県倉敷市

学歴〔年〕
東京帝国大学経済学部〔大正10年〕卒

学位〔年〕
経済学博士〔昭和29年〕

経歴
大原社会問題研究所嘱託を経て、大正11〜13年ドイツに留学。帰国後、東北帝大助教授となり、昭和13年労農派教授グループ事件に連座して検挙されるが無罪判決。16年東北大を辞し、日本貿易研究所、三菱経済研究所に勤務。戦後、22年東京大学社会科学研究所教授となり、24年同研究所長、33年定年退官後は法政大学教授。経済学研究における3段階論(原理論・発展段階論・現状分析)を提起し、マルクスの「資本論」に独自の見解を示した。また、マルクス主義経済学派に“宇野学派”を生んだ。主著に「経済政策論」「価値論」「資本論の研究」「経済原論」(上下)「恐慌論」「マルクス経済学原理論の研究」「経済学方法論」のほか、「宇野弘蔵著作集」(全10巻・別巻1)、自伝「資本論五十年」(上下)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「宇野 弘蔵」の解説

宇野 弘蔵 (うの こうぞう)

生年月日:1897年11月12日
昭和時代の経済学者。東京大学教授
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android