コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守田勘弥(13世) もりたかんや[じゅうさんせい]

1件 の用語解説(守田勘弥(13世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守田勘弥(13世)
もりたかんや[じゅうさんせい]

[生]1885.10.18.
[没]1932.6.16.
歌舞伎俳優。 12世守田勘弥の3男。本名好作。前名坂東三田八から 1906年 13世襲名。古典歌舞伎だけでなく,新作や翻訳劇の面ですぐれた演技力をみせた。大正期を中心に活躍し,研究劇団文芸座を組織し歌舞伎に新生面を開いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

守田勘弥(13世)の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣冒険小説詩と詩論東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone