コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守護所 しゅごしょ

百科事典マイペディアの解説

守護所【しゅごしょ】

鎌倉〜室町時代の守護館の所在地。鎌倉時代には国府と同一地に置かれる場合もあったが(安芸国など),多くは別所に設置され,守護の交替に合わせて頻繁に移動した。南北朝時代以降,国衙機構を吸収して守護権力が拡大し,守護の世襲化,管国の領国化が進むと(守護大名),今川氏の駿河府中(現静岡市)のように国府域に守護所を移したり,また大内氏の周防山口のように守護所が国府に替わり一国の政治・経済の中心地となった。
→関連項目直江津

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅごしょ【守護所】

守護が管国行政を行う当該国所在の居城・機構。鎌倉幕府下で諸国守護制度が登場して以来,室町幕府の守護にいたるまでその居城・機構は守護所と称され,戦国大名の場合も守護を名のる場合はしばしば守護所の名をもって呼ばれた。鎌倉時代の守護所の具体的構造についてはまだほとんど判明していないが,幕府登場前,安芸で国府内に一在庁官人が国衙の守護人として守護所を構成していたことを伝える史料があり,一般に守護の軍事警察行政が国衙機構と深いかかわりをもって行われていたことから推すと,豊後をはじめいくつかの国で検証できる国府内守護所の設置という事例はかなり広く存在したと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の守護所の言及

【都市】より

…しかし近年の研究の進展は,あたかも西欧中世都市研究で古代都市との連続面や領主・教会支配の役割の大きさを見直す方向が強くなってきているのと並行する形で,商業・手工業万能の都市論に反省を加え,所有関係,身分構成や政治的・宗教的役割を含めてとらえ直そうとする動きを生んできている。まだその成果の上に中世都市像全体を描き直すことは困難であるが,ここでは都市がもつ政治,宗教,経済など多様な拠点機能を総合的にみるという視角に立ち,三都や各種地方都市(国府守護所,戦国城下町などの行政都市,門前町,寺内町などの宗教都市,,港,関所宿などの交易中継都市)の諸機能と,その担い手がどのような形で登場し変化し,またそれが都市空間のあり方や性格にどのように作用したか,というような点を重点的に扱い,それを通して日本中世都市の固有の構造と特性に迫りたい。
[京都,鎌倉,奈良]
 首都的性格をもつ三都のうち,京都は中世を通してつねに最大の政治的首都であった。…

※「守護所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

守護所の関連キーワードいちき串木野(市)府中(国府)三日平氏の乱山内首藤経俊一の谷墳墓群宮津(市)神辺[町]新湊[市]佐東銀山城越前(市)射水(市)畑野[町]山名氏城跡清須(市)磐田(市)土岐頼康七尾城跡嘉吉の乱赤松満祐鳥取城跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

守護所の関連情報