コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安八[町] あんぱち

百科事典マイペディアの解説

安八[町]【あんぱち】

岐阜県南西部,安八郡の町。揖斐(いび)川と長良川に囲まれた濃尾平野の一部で,輪中(わじゅう)集落散在米作,野菜栽培を行う。都市化が著しく,西隣の大垣市への通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんぱち【安八[町]】

岐阜県南西部,安八郡の町。人口1万5115(1995)。町の東西を長良川,揖斐(いび)川が流れ,三角州が町全域を占める。古くから水害に悩まされたが,住民は輪中堤防を築いて対処し,町域内には中小の輪中が形成され,集落は網の目状に流れる河川の自然堤防上に散在する。1976年長良川本堤防決壊により大災害を被る。低平な農地が広がる古くからの穀倉地帯であるが,東海道新幹線岐阜羽島駅と,名神高速道路岐阜羽島インターチェンジに近く,交通の便に恵まれるため大企業の工場誘致に成功,弱電,薬品,繊維を中心に工業化が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android