宗谷(支庁)(読み)そうや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗谷(支庁)
そうや

北海道北端部、宗谷岬を挟むオホーツク海側および日本海側一帯と利尻(りしり)島、礼文(れぶん)島を占める町村を所管した北海道庁の出先機関。2010年(平成22)、支庁制度改革によって宗谷総合振興局に改称・改組された。旧宗谷支庁の所管区域は浜頓別(はまとんべつ)、中頓別、枝幸(えさし)、豊富(とよとみ)、礼文、利尻、利尻富士の7町と猿払(さるふつ)村で、支庁所在地は稚内(わっかない)市。原則として市域は所管外であるが、稚内市を含む地域を意味する場合もあり、また実務上も同市を含めて管内とされることが多かった。
 1897年(明治30)に設置、その後、1948年(昭和23)豊富村の留萌(るもい)支庁からの移管、1949年稚内の市制施行、1955年宗谷村の稚内市への編入の変動があった。17世紀以来、場所請負制度による漁業経営が行われており、長い間ニシン、コンブなどの海産を主要な産業としていた。現在は乳牛飼育の主畜地帯を形成し、日本海岸のサロベツ原野、オホーツク海岸の東天北(ひがしてんぽく)原野など広い未開発地が残って、利尻礼文サロベツ国立公園と北オホーツク道立自然公園の指定地域が広い。稚内市と礼文島とはフェリーおよび航空機で結ばれている。1991年のソ連崩壊以後、稚内市を中心にロシアとの交流が盛んになった。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android