コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗谷岬(読み)そうやみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗谷岬
そうやみさき

北海道北端の岬。北緯 45°31′22″,東経 141°56′12″で,北方領土を含まない場合の日本の最北端にあたる。北は宗谷海峡に臨み,西は宗谷湾を挟んで野寒布岬と相対する。岬付近は,標高 30~50mの海岸段丘と,幅 500m,水深 3mの波食台が発達する。段丘上の台地には灯台,霧信号所,無線方位信号所望楼があり,晴天の日には,はるかに樺太サハリン)を遠望できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宗谷岬【そうやみさき】

北海道最北端,北緯45°31′,東経141°56′にある岬。低い丘陵と海岸段丘からなり,宗谷海峡を隔ててサハリン(樺太(からふと))に対する。灯高40mの宗谷岬灯台がある。小集落の宗谷は江戸時代樺太への港で,1808年間宮林蔵もここから渡ったという。
→関連項目稚内[市]稚内[駅]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうやみさき【宗谷岬】

北海道本島北端の岬。稚内(わつかない)市に属する。先端は日本の国土の最北点にあたり,北緯45゜31′の位置を占める。北は宗谷海峡をへだててロシア領サハリン(樺太)のクリリオン岬に面し,西は野寒布(のしやつぷ)岬と相対して宗谷湾を抱く。高さ30~40m,50~60mの2段の海岸段丘があり,段丘上は草地,ササ地で,先端に灯台と霧信号所,無線方位信号所があり,日露戦争当時の監視塔も残る。海沿いに国道238号線が通り,波打ちぎわに〈日本最北端の地〉の碑がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうやみさき【宗谷岬】

北海道最北端の岬。宗谷海峡に突出する。海岸段丘が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕宗谷岬(そうやみさき)


北海道北端の岬。稚内(わっかない)市北東部、宗谷丘陵先端に位置し、幅約43kmの宗谷海峡を隔ててサハリン(樺太(からふと))を望む。沖合2kmの弁天(べんてん)島は北方領土を除けば日本最北端の地(北緯45度31分28秒)。岬付近は平和公園で「日本最北端の地」の碑ほか各種のモニュメントがあり、観光客に人気がある。宗谷岬灯台がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗谷岬
そうやみさき

北海道北端の岬で、稚内(わっかない)市に属す。西の野寒布(のしゃっぷ)岬との間に宗谷湾を抱く。北緯45度31分、東経141度56分に位置し日本の国土の最北点にあたる。宗谷丘陵の先端部で、標高30メートルの明瞭(めいりょう)な海岸段丘が発達し、段丘上の宗谷岬灯台(1885年点灯、高さ17メートル)には霧信号所、無線方向信号局が併置されている。「日本最北端の地」の碑が立つほか、大韓航空機撃墜事件慰霊の「祈りの塔」や戦没者慰霊碑など多くの碑が立っている。海岸には弁天島などの小島がある磯(いそ)が広がり、海沿いを国道238号が走り、夏季は観光地としてにぎわう。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗谷岬の関連情報