コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官話 かんわMandarin

翻訳|Mandarin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官話
かんわ
Mandarin

中国における官吏の公用語の意味。唐末北宋に現在の北京官話祖型をとり,金元の北京首都時代を経て広まった共通語に,明清時代につけられた名称である。のちにクオユー (「国語」) ,さらに現在ではプートンホア (「普通話」) と呼ばれるようになったが,官の名称も外国人の間などで依然使われることが多い。漢語地区の4分の3,人口の 70%を占める官話音系は次の4つに下位区分される。 (1) 北方官話 (河北,河南,東北三省,山東,内モンゴル) 。 (2) 西北官話 (山西,陝西,甘粛,青海など) 。 (3) 西南官話 (湖北,四川,雲南,貴州など) 。 (4) 下江官話 (安徽,南京,揚州など) 。 (2) と (3) をまとめ,3分することもある。-p,-t,-k,-mの消失,濁音声母の消失,韻母の単純化,軽声の増加などを特色とする。中国語標準語の根幹をなす北京官話は,さらに,r化,そり舌化の現象が目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐わ〔クワン‐〕【官話】

官衙(かんが)で用いる言語の意》かつて中国の官界上流社会で用いられた標準的言語。北京(ペキン)・南京(ナンキン)・西方の諸官話がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

官話【かんわ】

北京官話

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんわ【官話 guān huà】

中国語の中で,比較的広範囲に通行した北方語,とくに北京語をかつて官話とよんだ。ときには北方諸方言をあわせて官話とよぶ場合もある。17世紀に華南に渡来した宣教師が,土俗の方言のほかに役所での公用語など,当時の北方共通語を〈マンダリンMandarin(官話)〉と名づけた。 清朝になると漢民族を征服した満州人は首都北京のことばをならい,それを官話としてその普及をはかった。華南の各地に〈正音書院〉を立て,《正音摂要》《正音咀華》などの手引書がつくられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんわ【官話】

〔官衙かんがで使う言葉の意〕
中国、清代の公用・標準語。北京を中心とする地方の北京官話、南京を中心とする南京官話、四川方面で使う西方官話の三種があった。狭義には、北京官話をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

官話の関連キーワード【ピン】音官字報mandarimチワン(壮)語西島 良爾注音符号鄭永寧客家語王照唐音

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官話の関連情報