コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官話 かんわMandarin

翻訳|Mandarin

5件 の用語解説(官話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官話
かんわ
Mandarin

中国における官吏の公用語の意味。唐末北宋に現在の北京官話の祖型をとり,金元の北京首都時代を経て広まった共通語に,明清時代につけられた名称である。のちにクオユー (「国語」) ,さらに現在ではプートンホア (「普通話」) と呼ばれるようになったが,官話の名称も外国人の間などで依然使われることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐わ〔クワン‐〕【官話】

《官衙(かんが)で用いる言語の意》かつて中国の官界・上流社会で用いられた標準的言語。北京(ペキン)・南京(ナンキン)・西方の諸官話がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

官話【かんわ】

北京官話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんわ【官話 guān huà】

中国語の中で,比較的広範囲に通行した北方語,とくに北京語をかつて官話とよんだ。ときには北方諸方言をあわせて官話とよぶ場合もある。17世紀に華南に渡来した宣教師が,土俗の方言のほかに役所での公用語など,当時の北方共通語を〈マンダリンMandarin(官話)〉と名づけた。 清朝になると漢民族を征服した満州人は首都北京のことばをならい,それを官話としてその普及をはかった。華南の各地に〈正音書院〉を立て,《正音摂要》《正音咀華》などの手引書がつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんわ【官話】

〔官衙かんがで使う言葉の意〕
中国、清代の公用・標準語。北京を中心とする地方の北京官話、南京を中心とする南京官話、四川方面で使う西方官話の三種があった。狭義には、北京官話をさす。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

官話の関連情報