コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定山渓温泉 じょうざんけいおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定山渓温泉
じょうざんけいおんせん

北海道札幌市南西部,豊平川上流の渓谷にある温泉。泉質食塩泉泉温は 53~86℃で湯量も豊富。古くからアイヌには知られていたが,明治の初め,越前の僧定山が湯守となって開かれた。 1918年札幌市豊平からの定山渓鉄道 (1969廃止) の開通後発展し,札幌,小樽の奥座敷となった。近年,旅館や保養所の新設,改築が進み,収容力も増加。中山峠を越えて洞爺湖への観光ルート (国道 230号線) の中継点でもある。支笏洞爺国立公園の一部。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じょうざんけい‐おんせん〔ヂヤウザンケイヲンセン〕【定山渓温泉】

北海道札幌市南区、豊平川の渓谷にある温泉。泉質は塩化物泉修験僧の定山が開いたといわれる。「札幌の奥座敷」とよばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)


北海道札幌市南区、豊平(とよひら)川の上流部にある行楽向きの温泉。江戸時代末期、僧定山が開湯。「札幌の奥座敷」としてにぎわう。上流4kmの豊平(ほうへい)峡はじめ、付近は紅葉の名所。北西14kmの札幌国際スキー場などウインタースポーツの宿泊拠点ともなる。ナトリウム-塩化物泉。泉温80℃。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定山渓温泉
じょうざんけいおんせん

札幌市西部にある温泉。豊平(とよひら)川の上流の山峡にあり、1866年(慶応2)越前(えちぜん)(福井)の禅僧定山の開いたもの。札幌から自動車で約1時間で達し、俗に札幌の奥座敷といわれ、約20軒のホテル・旅館や保養所がある。泉質は塩化物泉。温泉地自体がレクリエーションの場であるが、支笏洞爺(しこつとうや)国立公園の入口としても重要であり、また札幌近郊第一のスキー場としても知られる。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

定山渓温泉の関連キーワード地熱(ちねつ)カラカミ観光札幌(市)豊羽鉱山美泉定山定山渓上流石黄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定山渓温泉の関連情報