宝井馬琴(4代)(読み)たからい ばきん

  • 宝井馬琴(4代) たからい-ばきん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1853*-1928 明治-昭和時代前期の講談師。
嘉永(かえい)5年12月26日生まれ。3代宝井馬琴の子。初代西尾麟慶(りんけい)のにはいり,2代琴凌(きんりょう)などをへて明治31年4代馬琴を襲名軍記物を得意とした。晩年「都新聞」に「講談界昔話」を連載。昭和3年12月27日死去。77歳。江戸出身。本名は小金井三次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:昭和3.12.27(1928)
生年:嘉永5.12.22(1853.1.31)
幕末から大正期まで活躍した講談師。本名小金井三次郎。高座歴六十余年,軍談物,武芸物で知られた名物男で,愛称は「雪降りのチンコロ」。江戸中橋に初代宝井琴凌(3代目馬琴)の子として出生。父の死後初代西尾麟慶を頼り,慶豊,小麟慶,調窓を経て父名を継ぎ夜席の真打。このころの講談席の様子が,夏目漱石晩年の随筆『硝子戸の中』に描かれている。明治31(1896)年には馬琴を襲名。当時の『やまと新聞』付録にその速記録「夜鷹煙草」(大岡政談)が残る。晩年『都新聞』に「講談界昔咄」を連載。なお,この人を3代目とするものもあるが誤り。<参考文献>6代目馬琴『講釈師見てきたような…』,5代目馬琴『わが師・わが友・わが芸道

(吉沢英明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android