コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮古路薗八(初代) みやこじ そのはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮古路薗八(初代) みやこじ-そのはち

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
宮古路豊後掾(ぶんごのじょう)の高弟享保(きょうほう)18年(1733)ごろ名古屋で師のワキをつとめた。独立して京都で一流派をたて,弟子の2代薗八(初代宮薗鸞鳳軒(みやぞの-らんぽうけん))が宮薗節(薗八節)として大成した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮古路薗八(初代)

生年:生没年不詳
江戸中期の薗八節の太夫。宮古路豊後掾の門弟だが,詳細は不明。劇場出勤記録などもない。わずかに『宮薗花扇子』(1769)の浄瑠璃略系譜に宮薗鸞鳳軒(2代目薗八),春富士正伝(3代目薗八)の師としてその名をとどめている。

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宮古路薗八(初代)の関連キーワード宮古路国太夫(3代)宮薗鸞鳳軒(初代)宮薗鸞鳳軒(1世)宮古路薗八(3世)三千歳伊三郎春太夫節豊後節正伝節

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android