コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮古路薗八(3世) みやこじそのはち[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮古路薗八(3世)
みやこじそのはち[さんせい]

宮薗節演奏家享保~安永年間 (1716~81) 頃の京都の人で,1世宮古路薗八の弟子。初名宮古路哥内。別名可内弁仲。宝暦初年頃,師の節を正しく伝えるという意味で,春富士正伝と改名。正伝節として知られた。江戸に下り,正伝節の普及に努めたが,明和5 (68) 年頃3世宮古路薗八となった。『江戸の絵姿』1曲だけが正伝の作曲したものと推定され,現存する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宮古路薗八(3世)の関連キーワード享保徳川吉宗享保の改革徳川家継ケンペルケンペル享保改革蕪村徳川家継ナイーマー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android