コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎八郎 みやざき はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎八郎 みやざき-はちろう

1851-1877 明治時代の自由民権運動家。
嘉永(かえい)4年生まれ。肥後(熊本県)荒尾の郷士の次男。宮崎民蔵,宮崎滔天(とうてん)の兄。東京で西周(あまね)らの塾にまなぶ。明治7年台湾出兵のとき,平川惟一(ただいち)らと従軍。帰郷して植木学校を創設し,民権論をとなえた。西南戦争がおこると協同隊を組織,西郷方に参加して明治10年4月6日戦死。27歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮崎八郎

没年:明治10.4.6(1877)
生年:嘉永4(1851)
明治初期の自由民権運動家。名は真郷。肥後国玉名郡荒尾村(熊本県荒尾市)の郷士の次男,民蔵,滔天の兄。藩校時習館から明治3(1870)年東京遊学,西周らの私塾に学ぶ。7年2月征韓論を左院に上書し,4月の台湾出兵に従軍。8年2月の愛国社結成大会参加後は熊本で『民約論』を経典とする植木学校を創設,県民会開設運動を展開する一方,『評論新聞』などに反政府の筆をふるう。西南戦争(1877)では「西郷に天下取らせてまた謀反する」ことを意図し,熊本協同隊を結成して薩軍に参加,天皇の軍隊と戦い八代で戦死した。<参考文献>上村希美雄『宮崎兄弟伝』日本篇上

(上村希美雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやざきはちろう【宮崎八郎】

1851‐1877(嘉永4‐明治10)
志士的民権家。肥後国荒尾(現,熊本県荒尾市)の人。のち真郷(まさと)と改名。父長蔵の英雄指向・金銭蔑視・貧者救済の薫陶のもとに,みずからの理想を実現すべく,維新の変革期を生きぬいた。幼時漢学を学び,20歳で上京して国学,英語,万国公法等を学ぶ。1873年(明治6),西郷隆盛の下野に憤って征韓の正当性を政府に建白し,翌年には征台義勇軍に参加した。しかし帰郷後には聖書にふれ,中江兆民と交わって《民約論》に感激するなど,民権主義の立場を明確にしていく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みやざきはちろう【宮崎八郎】

1851~1877) 自由民権運動家。肥後の人。滔天の兄。尺振八・西周に師事。熊本で植木学校創設、民権論を主張した。西南戦争で西郷軍に加わり戦死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宮崎八郎の関連キーワード野満新太郎神風連の乱海老原穆松山守善崎村常雄尺振八

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android