コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎神宮 みやざきじんぐう

7件 の用語解説(宮崎神宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎神宮
みやざきじんぐう

宮崎市神宮に鎮座する元官幣大社神武天皇を主神とし,ウガヤフキアエズノミコト,タマヨリヒメノミコトを配祀する。神武天皇東征以前の御所の跡と伝える。例祭 10月 26日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやざき‐じんぐう【宮崎神宮】

宮崎市にある神社。旧官幣大社。祭神は神日本磐余彦尊(かんやまといわれびこのみこと)(神武天皇)ほか二神。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮崎神宮【みやざきじんぐう】

宮崎市神宮に鎮座。旧官幣大社。神武天皇をまつる。社地は天皇東征前の宮殿のあとと伝えられ,古く神武天皇宮,神武天皇社と称した。例祭は10月26日。
→関連項目宮崎[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

宮崎神宮

宮崎県宮崎市にある神社。創祀は不明。祭神は神日本磐余彦天皇(かむやまといわれひこのすめらみこと)(神武天皇)、ウ草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)(「ウ」は盧の右に鳥へん、滋のつくりの右に鳥へんの2文字で表記)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)。神武天皇が東征(東遷)前に執政していた地と伝えられる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやざきじんぐう【宮崎神宮】

宮崎県宮崎市神宮に鎮座。神日本磐余彦(かんやまといわれひこ)天皇を主神とし,相殿(あいどの)神として鸕鷀草葺不合(うがやふきあえず)尊および玉依姫(たまよりひめ)命をまつる。社伝によれば,建磐竜(たけいわたつ)命(阿蘇神社の祭神)が,神武天皇の奠都した跡に,その神霊を鎮祭したのが当社のはじめという。大祭は10月26日。大祭後の土,日曜日に神幸祭,また4月3日には神武天皇祭と神事流鏑馬(やぶさめ)が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやざきじんぐう【宮崎神宮】

宮崎市神宮にある神社。神日本磐余彦天皇かんやまといわれひこのすめらみこと(神武天皇)を主祭神とし、鸕鷀草葺不合尊うがやふきあえずのみこと・玉依姫命たまよりびめのみことを配祀はいし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮崎神宮
みやざきじんぐう

宮崎市神宮に鎮座。祭神は、神日本磐余彦天皇(かんやまといわれひこのすめらみこと)(神武(じんむ)天皇)を主神とし、相殿(あいどの)神として草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)および玉依姫命(たまよりひめのみこと)を祀(まつ)る。宮崎市街の北部に約25ヘクタールの境内地をもつ。社伝によれば、神武天皇の孫の建磐竜命(たけいわたつのみこと)(阿蘇(あそ)神社の祭神)が筑紫(つくし)の鎮守となり、神武天皇が奠都(てんと)された跡に、神武天皇の神霊を鎮祭したのを当社の創建としている。古来より神武天皇宮、また神武天皇社と称されてきたが、1873年(明治6)宮崎神社と改称、同時に県社に列格、75年国幣中社に列し、78年社号を宮崎宮と改めた。85年官幣大社に昇格、1913年(大正2)には宮崎神宮と改称された。例祭は10月26日。神幸祭は例祭後の土・日曜日。[落合偉洲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮崎神宮の関連キーワード宮崎県宮崎市糸原宮崎県宮崎市内海宮崎県宮崎市熊野宮崎県宮崎市塩路宮崎県宮崎市神宮宮崎県宮崎市神宮町宮崎県宮崎市船塚宮崎県宮崎市芳士宮崎県宮崎市港神日本磐余彦尊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎神宮の関連情報