コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮戸島 みやとじま

4件 の用語解説(宮戸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮戸島
みやとじま

宮城県中部,松島湾東端の島。東松島市に属する。島の北側はかつて松島湾の湾口であったが,北から延びる東名浜 (とうなはま) ,洲崎浜で埋められ,島は陸繋島となった。西側は鰐ケ淵水道で寒風沢島 (さぶさわじま) に対する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやと‐じま【宮戸島】

宮城県中部、松島湾入口にある陸繋島(りくけいとう)。湾内にあるおよそ260島のうち最大の島で、最高地点は標高106メートルの大高森(おおたかもり)。カキ・ノリの養殖が盛ん。島の南東端に嵯峨渓がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやとじま【宮戸島】

宮城県中部,松島湾の東部を占める島。桃生(ものう)郡鳴瀬町に属し,面積8km2。洲崎浜の砂嘴(さし)により東名(とうな)と結ばれた陸繫島であったが,1963年の潜ヶ浦(かつぎがうら)水道開削後は橋で本土と結ばれる。第三紀の凝灰岩,凝灰質ケツ岩よりなり,松島湾内最大の島である。冬季も比較的温暖で野生のシュロが繁茂し,内湾ではノリ,カキの養殖が行われる松島四大観の一つ大高森(106m)から松島湾の眺望がよく,外洋に面した嵯峨渓を中心とした海岸は奥松島と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮戸島
みやとじま

宮城県中東部の松島湾口にある島。面積約8平方キロメートル。東松島(ひがしまつしま)市に属す。松島湾内の最大の島であったが、鳴瀬川河口から延びた洲崎(すざき)浜砂嘴(さし)によって陸繋(りくけい)島となった。島の中央を奥松島パークラインが走る。1200ヘクタールの耕地があるが、漁業を主とし、カキ、ノリの養殖が盛ん。特別名勝松島の一部で、海岸は凝灰岩の海食台からなり、南東端の萱野(かやの)崎には景勝地嵯峨(さが)渓がある。島の最高所大高森(おおたかもり)(106メートル)からの眺望は「松島の四大観」の随一といわれる。貝塚は全島に分布するが、とくに国指定史跡の里浜(さとはま)貝塚は縄文時代の人骨を出土し、出土品は国指定重要文化財。大型石棒を御神体とする石神社もある。付属島として波(は)島、木ノ島、中ノ島、唐戸(からと)島、高島、ツク島などがある。[境田清隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮戸島の関連キーワード塩釜湾宮城野吉田川東松島宮城県宮城郡七ヶ浜町鳴瀬〈町〉宮城県宮城郡松島町宮城県宮城郡桃生〈町〉矢本〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮戸島の関連情報