宮田[町](読み)みやた

百科事典マイペディアの解説

宮田[町]【みやた】

福岡県北部,鞍手郡の旧町。遠賀(おんが)川の支流犬鳴(いぬなき)川流域の丘陵地を占める。1884年貝島炭鉱の開坑以来,炭鉱町として急速に発達。1955年には日本最大の人口(5.5万人)を擁する町になった。その後石炭不況のため閉山が相次ぎ,近年は,工業団地へ自動車工場などが進出している。2006年2月,鞍手郡若宮町と合併し市制宮若市となる。52.49km2。2万1488人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやた【宮田[町]】

福岡県北部,鞍手郡の町。人口2万1902(1995)。遠賀川支流の犬鳴川が中央部を東流する。中世の粥田(かいた)荘の地で,近世は福岡藩領であった。町名は嘉禄年間(1225‐27)に宗像むなかた)神社の神領となったときの〈神田〉に由来するという。1884年貝島炭鉱による石炭採掘が始まり,1902年には筑豊本線勝野駅から九州鉄道(JR宮田線,1989廃止)が開通して,筑豊炭田有数の大炭鉱町に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android