コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮田[町] みやた

2件 の用語解説(宮田[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宮田[町]【みやた】

福岡県北部,鞍手郡の旧町。遠賀(おんが)川の支流犬鳴(いぬなき)川流域の丘陵地を占める。1884年貝島炭鉱の開坑以来,炭鉱町として急速に発達。1955年には日本最大の人口(5.5万人)を擁する町になった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやた【宮田[町]】

福岡県北部,鞍手郡の町。人口2万1902(1995)。遠賀川支流の犬鳴川が中央部を東流する。中世の粥田(かいた)荘の地で,近世は福岡藩領であった。町名は嘉禄年間(1225‐27)に宗像(むなかた)神社の神領となったときの〈神田〉に由来するという。1884年貝島炭鉱による石炭採掘が始まり,1902年には筑豊本線勝野駅から九州鉄道(JR宮田線,1989廃止)が開通して,筑豊炭田有数の大炭鉱町に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone