コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家数人馬改帳 いえかずじんばあらためちょう

4件 の用語解説(家数人馬改帳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家数人馬改帳
いえかずじんばあらためちょう

江戸時代,幕府,諸藩が領内の家数,人馬数などを村ごとに調査し作成した帳簿。一般に江戸時代初期の領主は,夫役 (ぶやく) 徴収の必要から農民を夫役負担能力により,本役,半役,四半役あるいは馬役,人役のように分けて把握したが,さらに詳細に領内の総労働力を知るため,家並 (やなみ) 改め,人畜 (にんちく) 改めなどの調査を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いえかずじんばあらためちょう【家数人馬改帳】

戦国・織豊期から近世初頭にかけて行われた農村労働力の実態調査の記録。家数改帳,家付帳,家付人付帳,棟別帳,人畜改帳などの名がある。検地帳が土地生産力を記録するのに対して,家数人馬改帳は村内の百姓竈(かまど)ごとに受持高,家族の男女別年齢・軒数・牛馬数・屋敷地を調査し,村落構成員を把握するばかりでなく,村ごとに男女別・年齢別の集計を出すことによって夫役負担能力のあるものを書き上げさせた。すなわち役負担可能な家(役家)と役夫の台帳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いえかずじんばあらためちょう【家数人馬改帳】

江戸時代、村ごとに家数・人馬数などを調査した帳簿。人畜じんちく改帳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家数人馬改帳
いえかずじんばあらためちょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家数人馬改帳の関連キーワード織豊時代悪しい一字三礼御伽芝居唐輪町人捌き鉛銭石子詰二句神歌老人雑話

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone