コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家数人馬改帳 いえかずじんばあらためちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家数人馬改帳
いえかずじんばあらためちょう

江戸時代,幕府,諸藩が領内家数,人馬数などを村ごとに調査し作成した帳簿。一般に江戸時代初期の領主は,夫役 (ぶやく) 徴収の必要から農民を夫役負担能力により,本役,半役,四半役あるいは馬役,人役のように分けて把握したが,さらに詳細に領内の総労働力を知るため,家並 (やなみ) 改め,人畜 (にんちく) 改めなどの調査を行なった。その帳簿が家人馬改帳,人畜改帳と呼ばれるもので,宗門改帳,五人組帳 (→五人組帳前書 ) ,村明細帳のできる以前の家族構成,居住形態を知るうえで貴重な史料である。現存するものでは細川氏の慶長 16 (1611) 年の「小倉藩人畜改帳」,寛永 10 (33) 年の「肥後藩人畜改帳」が有名 (『大日本近世史料所収) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえかずじんばあらためちょう【家数人馬改帳】

戦国・織豊期から近世初頭にかけて行われた農村労働力の実態調査の記録。家数改帳,家付帳,家付人付帳,棟別帳,人畜改帳などの名がある。検地帳が土地生産力を記録するのに対して,家数人馬改帳は村内の百姓竈(かまど)ごとに受持高,家族の男女別年齢・軒数・牛馬数・屋敷地を調査し,村落構成員を把握するばかりでなく,村ごとに男女別・年齢別の集計を出すことによって夫役負担能力のあるものを書き上げさせた。すなわち役負担可能な家(役家)と役夫の台帳である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いえかずじんばあらためちょう【家数人馬改帳】

江戸時代、村ごとに家数・人馬数などを調査した帳簿。人畜じんちく改帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家数人馬改帳
いえかずじんばあらためちょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android