コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族信託 カゾクシンタク

デジタル大辞泉の解説

かぞく‐しんたく【家族信託】

家族間で信託契約を結び、財産の管理を任せること。財産を持っている人(委託者)が、一定の目的のために、信頼できる家族(受託者)に財産を託し、受託者は契約に従ってその財産を管理・処分し、得られた利益を、定められた受益者に給付する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

家族信託

2006年の信託法の改正(07年施行)で、利用しやすい制度になった。親が子に資産を託す場合、親が資産の委託者(兼受益者)、子を受託者として契約を結ぶ。弁護士司法書士行政書士などの専門家に依頼し、手続きを行うことで成立する。契約時に、信託設計費や契約書作成費が発生する。空き家に絡む案件で資産が2千万円の場合、相場は20万円以上。他に登記費用や公証人手数料などが必要だが、契約後の固定費は原則発生しない。

(2017-06-26 朝日新聞 朝刊 和歌山全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

家族信託の関連キーワード新しい信託ビジネス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家族信託の関連情報