コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富岳三十六景 ふがくさんじゅうろっけい

1件 の用語解説(富岳三十六景の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富岳三十六景【ふがくさんじゅうろっけい】

富士山を主題とする風景版画で,葛飾北斎の代表作。開版は1823年ころと推定され,1831年ころにはほぼ完結したらしい。全部で46図を数えるが,初め線描を藍摺(あいずり)にした36図が出され,残る墨摺の10図は好評にこたえた追加版。
→関連項目東海道五十三次

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

富岳三十六景の関連キーワード葛飾北洋葛飾派北斎昇亭北寿葛飾北雲葛飾北鵞葛飾北周葛飾北岱葛飾北目葛飾雷周

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone