コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草間直方 くさま なおかた

美術人名辞典の解説

草間直方

江戸後期の商人茶人。京都生。字は士徳、通称は伊助、晩年伊三之助、別号和楽。塙保巳一と親交があった。著書に『三貸図彙』『茶器名物図彙』がある。天保2年(1831)歿、79才。大正13年贈従五位。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

草間直方【くさまなおかた】

江戸中・後期の大坂の商人。学者。鴻池(こうのいけ)家に奉公。出世して摂津(せっつ)尼崎の鴻池分家草間家の女婿となり,鴻池屋伊助を名乗り両替商を営む。肥後(ひご)熊本藩,豊後(ぶんご)府内藩,陸奥(むつ)盛岡藩など諸藩の御用商人として活躍。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草間直方 くさま-なおかた

1753-1831 江戸時代中期-後期の商人,経済学者。
宝暦3年9月生まれ。大坂の鴻池(こうのいけ)家に奉公し,別家の草間家の婿となって両替商をいとなむ。文化12年貨幣・物価史に関する著作「三貨図彙(ずい)」42巻をまとめた。天保(てんぽう)2年2月25日死去。79歳。京都出身。字(あざな)は子徳。通称は鴻池伊助。著作はほかに「草間伊助筆記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

草間直方

没年:天保2.2.25(1831.4.7)
生年:宝暦3.9(1753)
江戸後期に活躍した両替商,経済学者。京都綾小路烏丸通りの商人桝屋唯右衛門の子。宝暦12(1762)年,10歳のとき京都四条の鴻池家の京都両替店に丁稚奉公。翌年河内国の鴻池新田会所へ転勤。安永3(1774)年22歳のとき,鴻池の別家のひとつ大坂尼崎町の草間家の婿養子に迎えられ,鴻池伊助を名のって,大坂今橋の鴻池本家に勤務することになった。優秀な奉公人を婿養子にすることは当時よく行われていた。本家勤務35年のうち後半の20年のはじめ5カ年は支配人見習,あとの15年間は支配人であった。鴻池家の算用帳によると伊助の支配人世話料(役料)は年に銀3貫目(約金50両)であった。支配人世話料の最高額は銀3貫500目だったから,伊助は最高ではなかった。 文化5(1808)年願い出て「自分家業」が許された。自分家業のかたわら著述に努め,文化12年に『三貨図彙』を脱稿。経済の動きを冷静にみつめ,合理的に解釈する態度により当時としては抜群の経済,金融に関する論評を行ったすぐれた日本貨幣史である。節約を善とする風潮のなかで,消費促進を肯定するなど,その透徹した合理的経済観によって,明治の福沢諭吉につながる先駆者だったとも評価される。ほかに『草間伊助筆記』(大阪市参事会編『大阪市史』5巻)がある。<参考文献>新保博『寛政のビジネス・エリート―大阪商人草間直方にみる江戸時代人の経営感覚』,安岡重明『財閥形成史の研究』

(安岡重明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くさまなおかた【草間直方】

1753‐1831(宝暦3‐天保2)
江戸中・後期の商人,学者。山城国京綾小路烏丸(からすま)の枡屋唯右衛門の子として生まれ,1762年(宝暦12)京都四条の山中(鴻池)家に丁稚奉公をし,翌年河内国の鴻池新田会所の勤務となり,74年(安永3)大坂今橋の鴻池本家に出勤となった。ついで同年鴻池家の別家草間家(今橋)の女婿となり,鴻池屋伊助ととなえ,両替屋を経営した。肥後熊本藩,豊後府内藩,播磨山崎藩,讃岐多度津藩,陸奥盛岡藩,田安家などと取引した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くさまなおかた【草間直方】

1753~1831) 江戸後期の商人・学者。大坂の人。通称鴻池屋伊助。懐徳堂に学ぶ。晩年物価・貨幣の変遷を記した「三貨図彙」(四四巻)を著した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草間直方
くさまなおかた

[生]宝暦3(1753)
[没]天保2(1831)
江戸時代後期の大坂の商人で学者。通称鴻池屋伊助。鴻池別家として両替商を営む一方,文筆,茶の湯に長じる。主著『三貨図彙』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草間直方
くさまなおかた
(1753―1831)

江戸時代の大坂の商人、学者。通称鴻池屋(こうのいけや)伊助。京都桝屋唯右衛門(ますやただえもん)の子として宝暦(ほうれき)3年9月に生まれる。10歳のとき京都山中家に奉公に出、翌年鴻池新田の会所勤務となり、1774年(安永3)以後鴻池本家に仕え、同年11月鴻池別家草間家の女婿となった。商人としての直方は、鴻池本店の店務をみたほか、1808年(文化5)以後は自分家業として両替店を開き、肥後熊本藩、南部(盛岡)藩など諸藩の経済的顧問として腕を振るい、藩札発行などにも関与した。また学者としては、『草間伊助筆記』『新田開発事略』など多数の著書を残したが、とくに『三貨図彙(ずい)』44巻は20年を費やして著された詳細なこの時代の貨幣・物価・金融・貿易史で、江戸時代の経済史料として高く評価されている。天保(てんぽう)2年2月25日没。[滝沢武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

草間直方の関連キーワード富永仲基山片蟠桃茶の湯懐徳堂変遷主著文筆

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android