コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草間直方 くさま なおかた

9件 の用語解説(草間直方の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

草間直方

江戸後期の商人・茶人。京都生。字は士徳、通称は伊助、晩年伊三之助、別号に和楽。塙保巳一と親交があった。著書に『三貸図彙』『茶器名物図彙』がある。天保2年(1831)歿、79才。大正13年贈従五位。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くさま‐なおかた〔‐なほかた〕【草間直方】

[1753~1831]江戸後期の商人・学者。大坂の人。通称、鴻池屋伊助。両替商を営みながら、貨幣経済の構造や沿革を研究した。著「三貨図彙」「草間伊助筆記」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

草間直方【くさまなおかた】

江戸中・後期の大坂の商人。学者。鴻池(こうのいけ)家に奉公。出世して摂津(せっつ)尼崎の鴻池分家草間家の女婿となり,鴻池屋伊助を名乗り両替商を営む。肥後(ひご)熊本藩,豊後(ぶんご)府内藩,陸奥(むつ)盛岡藩など諸藩の御用商人として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草間直方 くさま-なおかた

1753-1831 江戸時代中期-後期の商人,経済学者。
宝暦3年9月生まれ。大坂の鴻池(こうのいけ)家に奉公し,別家の草間家の婿となって両替商をいとなむ。文化12年貨幣・物価史に関する著作「三貨図彙(ずい)」42巻をまとめた。天保(てんぽう)2年2月25日死去。79歳。京都出身。字(あざな)は子徳。通称は鴻池伊助。著作はほかに「草間伊助筆記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

草間直方

没年:天保2.2.25(1831.4.7)
生年:宝暦3.9(1753)
江戸後期に活躍した両替商,経済学者。京都綾小路烏丸通りの商人桝屋唯右衛門の子。宝暦12(1762)年,10歳のとき京都四条の鴻池家の京都両替店に丁稚奉公。翌年河内国の鴻池新田会所へ転勤。安永3(1774)年22歳のとき,鴻池の別家のひとつ大坂尼崎町の草間家の婿養子に迎えられ,鴻池伊助を名のって,大坂今橋の鴻池本家に勤務することになった。優秀な奉公人を婿養子にすることは当時よく行われていた。本家勤務35年のうち後半の20年のはじめ5カ年は支配人見習,あとの15年間は支配人であった。鴻池家の算用帳によると伊助の支配人世話料(役料)は年に銀3貫目(約金50両)であった。支配人世話料の最高額は銀3貫500目だったから,伊助は最高ではなかった。 文化5(1808)年願い出て「自分家業」が許された。自分家業のかたわら著述に努め,文化12年に『三貨図彙』を脱稿。経済の動きを冷静にみつめ,合理的に解釈する態度により当時としては抜群の経済,金融に関する論評を行ったすぐれた日本貨幣史である。節約を善とする風潮のなかで,消費促進を肯定するなど,その透徹した合理的経済観によって,明治の福沢諭吉につながる先駆者だったとも評価される。ほかに『草間伊助筆記』(大阪市参事会編『大阪市史』5巻)がある。<参考文献>新保博『寛政のビジネスエリート―大阪商人草間直方にみる江戸時代人の経営感覚』,安岡重明『財閥形成史の研究』

(安岡重明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くさまなおかた【草間直方】

1753‐1831(宝暦3‐天保2)
江戸中・後期の商人,学者。山城国京綾小路烏丸(からすま)の枡屋唯右衛門の子として生まれ,1762年(宝暦12)京都四条の山中(鴻池)家に丁稚奉公をし,翌年河内国の鴻池新田会所の勤務となり,74年(安永3)大坂今橋の鴻池本家に出勤となった。ついで同年鴻池家の別家草間家(今橋)の女婿となり,鴻池屋伊助ととなえ,両替屋を経営した。肥後熊本藩,豊後府内藩,播磨山崎藩,讃岐多度津藩,陸奥盛岡藩,田安家などと取引した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くさまなおかた【草間直方】

1753~1831) 江戸後期の商人・学者。大坂の人。通称鴻池屋伊助。懐徳堂に学ぶ。晩年物価・貨幣の変遷を記した「三貨図彙」(四四巻)を著した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

草間直方
くさまなおかた

[生]宝暦3(1753)
[没]天保2(1831)
江戸時代後期の大坂の商人で学者。通称鴻池屋伊助。鴻池別家として両替商を営む一方,文筆,茶の湯に長じる。主著『三貨図彙』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草間直方
くさまなおかた
(1753―1831)

江戸時代の大坂の商人、学者。通称鴻池屋(こうのいけや)伊助。京都桝屋唯右衛門(ますやただえもん)の子として宝暦(ほうれき)3年9月に生まれる。10歳のとき京都山中家に奉公に出、翌年鴻池新田の会所勤務となり、1774年(安永3)以後鴻池本家に仕え、同年11月鴻池別家草間家の女婿となった。商人としての直方は、鴻池本店の店務をみたほか、1808年(文化5)以後は自分家業として両替店を開き、肥後熊本藩、南部(盛岡)藩など諸藩の経済的顧問として腕を振るい、藩札発行などにも関与した。また学者としては、『草間伊助筆記』『新田開発事略』など多数の著書を残したが、とくに『三貨図彙(ずい)』44巻は20年を費やして著された詳細なこの時代の貨幣・物価・金融・貿易史で、江戸時代の経済史料として高く評価されている。天保(てんぽう)2年2月25日没。[滝沢武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草間直方の関連キーワード久田宗参行動経済学両替商カーネマン入替両替両替屋金替食料経済学高木善助根岸隆

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone