コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小千谷[市] おじや

百科事典マイペディアの解説

小千谷[市]【おじや】

小千谷(おぢや)[市]

小千谷[市]【おぢや】

新潟県中部の市。1954年市制。信濃川中流域を占め,段丘上にある中心市街は近世以来三国街道の宿場町,信濃川水運の河港,小千谷縮越後上布)の生産地,集散地として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おぢや【小千谷[市]】

新潟県のほぼ中央にある市。1954年市制。人口4万2494(1995)。信濃川中流域と支流魚野川流域を後背地とする谷口商工業都市で,上越線小千谷駅は信濃川東岸に位置し,市街は信濃川段丘面に発達している。近世には上田銀山街道の宿場町,信濃川舟運の河岸場町であった。近世より越後上布小千谷縮を特産したが生産が減じ,1976年重要無形文化財に選定され技術は保存されている。現在織物はつむぎが主体である。上越線が通じ,関越自動車道小千谷インターチェンジがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報