コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小平市(読み)こだいら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小平〔市〕
こだいら

東京都中央部,武蔵野台地上に広がる市。1962年市制。地名は最初の開拓村である小川村の「小」に,土地が平らであることから「平」を付してつけられた。昭和初期までは雑木林やマツ林,畑などの広がる純農村地帯であった。五日市街道青梅街道沿いの街村は江戸時代の新田集落。昭和初期から教育機関,軍関係施設が置かれた。第2次世界大戦後,住宅や工場が進出し,近郊都市として急速に発展。一橋大学小平キャンパス,津田塾大学国土交通大学校(旧建設大学校),タイヤ工場などが立地。北部に小平霊園,西端に東京都薬用植物園がある。西武鉄道新宿線,多摩湖線,国分寺線,JR武蔵野線が通る。面積 20.51km2。人口 19万5(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小平市の関連情報