コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小忌衣 オミゴロモ

デジタル大辞泉の解説

おみ‐ごろも〔をみ‐〕【小忌衣】

物忌みのしるしとする清浄な上着。大嘗祭(だいじょうさい)新嘗祭(しんじょうさい)などに奉仕する小忌人(おみびと)や祭官などが装束の上に着る。白布に花鳥草木などの文様を青摺(あおず)りにし、右肩に赤ひもという赤黒2本のひもを垂らす。おみのころも。おみ。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おみごろも【小忌衣】

大嘗祭だいじようさい・新嘗祭などに、小忌の官人・舞人などが装束の上に着る狩衣に似た衣。白布に春草・小鳥などの模様を藍摺りにし、肩に赤紐あかひもを垂らす。おみのころも。おみ。
歌舞伎で武将などの着る、後襟を立てた丈の長い羽織のような衣装。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小忌衣
おみごろも

日本古代以来の祭服の一種。小忌とは不浄を忌み嫌う、すなわち清浄という意味で、大嘗会(だいじょうえ)や新嘗祭(にいなめさい)などの宮中の神事に、小忌人(おみびと)とよばれる祭官や、舞姫が着用する上着。束帯(そくたい)の袍(ほう)の上、または女房装束の唐衣(からぎぬ)の上に着装する白の麻布製で、身頃(みごろ)には春草、梅、柳、鳥、領(えり)に蝶(ちょう)、鳥などを山藍摺(やまあいずり)(青摺)で表す。右の肩に、赤紐(あかひも)という赤、黒二筋の組紐をつけて垂らす。舞楽の「東遊(あずまあそび)」を神社の庭上で奉奏するときに、舞人や歌方が着用する小忌衣は袍の形で、前者が桐竹(きりたけ)文、後者が棕梠(しゅろ)文を山藍摺で表し、赤紐は左肩につけられている。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小忌衣の関連キーワード小忌・小斎歌舞伎衣装小忌人ちはや藍摺り新嘗祭春草肩衣舞人えり官人狩衣赤紐

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小忌衣の関連情報