コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牛田(読み)こごた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小牛田
こごた

宮城県北東部,美里町北西部の旧町域。鳴瀬川江合川の流域にある。 1907年町制。 1954年不動堂町 (1950年町制) ,北浦村,中埣村と合体。 2006年南郷町と合体して美里町となる。中心地区の小牛田は江戸時代に御蔵場 (おくらば) と呼ばれ,米を石巻へ運ぶ河港の一つであった。縄文時代から中世にかけての山前遺跡 (やままえいせき) は国の史跡。米,ナシを産し,花卉,野菜の施設園芸が行なわれる。中小農産加工工場も立地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こごた【小牛田】

宮城県遠田郡の旧町名。仙台平野中央部に位置し、交通の要地。平成18年(2006)1月、南郷町と合併して美里町となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小牛田
こごた

宮城県中北部、遠田(とおだ)郡にあった旧町名(小牛田町(ちょう))。現在は美里(みさと)町の北西部を占める地域。旧小牛田町は1907年(明治40)町制施行。1954年(昭和29)不動堂(ふどうどう)町と中埣(なかぞね)、北浦の2村が合併。2006年(平成18)同郡南郷(なんごう)町と合併して美里町となった。JR東北本線が通じ、石巻(いしのまき)線、陸羽東線を分岐する交通の要地。国道108号(小牛田バイパス)が東西に横断し、国道346号が西部を縦断する。旧町域の中央を江合(えあい)川が、南端を鳴瀬(なるせ)川、北端を田尻(たじり)川がそれぞれ東流し、肥沃(ひよく)な水田地帯をなしている。藩政時代には江合、鳴瀬両川の舟運を利用した米の集散地であった。近年、豊富な水と交通の便のよいことから工場進出、宅地造成が盛んである。1999年(平成11)県内の市場を統合した、みやぎ総合家畜市場が開設された。縄文から中世までの遺跡が混在する山前(やままえ)遺跡は国の史跡に指定されている。[青柳光太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小牛田の関連情報