コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小見川[町] おみがわ

百科事典マイペディアの解説

小見川[町]【おみがわ】

千葉県北東部,香取郡の旧町。北東部を貫流する利根川低地下総(しもうさ)台地にまたがる。成田線が通じる中心市街は近世利根川水運の要港であった。早場米の産地であり,サツマイモ,野菜,ラッカセイなども産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おみがわ【小見川[町]】

千葉県北東部,香取郡の町。人口2万6488(1995)。利根川南岸にあり,町域の南部は台地が占める。中心集落の小見川は近世に小見川藩1万石の陣屋が置かれた地で,松平,土井,安藤,内田各氏ら譜代大名が支配した。また利根川水運の河港でもあり米の積出しやイワシの取引で栄え,近世後期には酒・しょうゆ醸造業もおこった。水運が衰えた明治後期以降は佐原に遅れをとり,周辺農村の小商業中心にとどまった。利根川沿岸低地は県内有数の穀倉地帯であり,台地では近年,施設園芸がふえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小見川[町]の関連キーワード下総台地下総

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android