小諸[市](読み)こもろ

百科事典マイペディアの解説

小諸[市]【こもろ】

長野県東部の市。1954年市制。中心市街は浅間山南西麓の千曲(ちくま)川が流れる佐久盆地にある。近世小諸藩牧野氏の城下町北国街道と佐久甲州街道の分かれる宿場町として栄え,大正〜昭和初期には県下有数の製糸業地であった。第三セクターしなの鉄道が通じ小海線を分岐し,1996年11月上信越自動車道更埴市(現・千曲市)まで開通した。電気機器,一般機器,輸送用機器工業が発展している。付近はリンゴ,モモ,高原野菜の産地。島崎藤村の詩で有名な小諸城跡(懐古園)があり,高峰高原など北部の山地は上信越高原国立公園に属する。98.55km2。4万3997人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こもろ【小諸[市]】

長野県東部,浅間山の南西麓にある市。1954年小諸町,三岡村,南大井村が合体,市制。人口4万5711(1995)。中心市街の小諸は江戸時代には仙石氏,牧野氏などの城下町で,北国脇往還の宿場町でもあり,佐久盆地一帯を商圏に商業が発達したが,その商勢は現在上田市に押されて弱まっている。しかししなの鉄道(旧信越本線)と小海線の分岐点国道18号線と国道141号線の分岐点にあたり,上信越自動車道も通じ,現在も交通の要衝である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android